トップ > プレスリリース > 2019年 > 『Japan Travel by NAVITIME』複数の周遊パスを組み合わせたルート検索が可能に

『Japan Travel by NAVITIME』複数の周遊パスを組み合わせたルート検索が可能に|ナビタイムジャパン

『Japan Travel by NAVITIME』複数の周遊パスを組み合わせたルート検索が可能に

2019年7月1日


株式会社ナビタイムジャパン



訪日外国人観光客向けナビゲーションアプリ 『Japan Travel by NAVITIME』

複数の周遊パスを組み合わせたルート検索が可能に

~日本初※1、「JAPAN RAIL PASS」など複数の周遊パスの利用を考慮したドアto ドアのルート検索ができます~


 

 株式会社ナビタイムジャパン(代表取締役社長:大西啓介、本社:東京都港区)は、2019年7月1日(月)より、訪日外国人観光客向けナビゲーションアプリ『Japan Travel by NAVITIME』にて、複数の周遊パスを利用したルート検索機能を提供開始いたします。


 これまでは、「JAPAN RAIL PASS」もしくは「Tokyo Subway Ticket」のどちらかを指定して、そのパスで乗れる電車やバス等を優先したルート検索機能を提供していましたが、ユーザーアンケート等を通じて、一人で複数種類の周遊パスを利用しているユーザーが多くいることがわかりました。


 そこで、ルート検索時に、周遊パスを複数選択できるようにし、それらのパスを同時に考慮して、組み合わせて利用したルートを検索できる機能を開発いたしました。一つのパスにかたよらず、複数パスを利用して安価で効率的な移動をサポートいたします。


 周遊パスは、「JAPAN RAIL PASS」、「Tokyo Subway Ticket」に加え、新たに「Osaka Amazing Pass」にも対応いたします。


 ナビタイムジャパンはこれからも、訪日外国人6,000万人時代に向け、観光客のニーズについて調査を行い、快適で充実した訪日旅行をサポートするとともに、国内のインバウンド受入環境整備に貢献してまいります。


※1 2019年6月28日時点。ナビタイムジャパン調べ。


【サービスイメージ】
ルート1(上野→舞浜).png
ルート2(浅草→鎌倉).png

●『Japan Travel by NAVITIME』アプリについて (旧名称:NAVITIME for Japan Travel)
対応言語:英語、中国語(繁体字・簡体字)、韓国語、スペイン語、フランス語、ドイツ語、イタリア語、ポルトガル語、
ロシア語、タイ語、インドネシア語、ベトナム語(13言語)
主な機能:ドアtoドアのルート検索、徒歩ナビゲーション、カーナビゲーション、スポット検索(フリーWi-Fi、
手荷物預かり所等)、観光記事、旅行プランニング、モデルプラン、ホテル・アクティビティの予約
アプリダウンロード:無料



※「NAVITIME」は、株式会社ナビタイムジャパンの商標または登録商標です。
※その他、記載されている会社名や商品名等は、各社の商標または登録商標です。