トップ > プレスリリース > 2019年 > 『トラックカーナビ』、ドライバーの走行実績をルート検索に反映~大型車の走行実績の多い道を優先表示~

『トラックカーナビ』、ドライバーの走行実績をルート検索に反映~大型車の走行実績の多い道を優先表示~|ナビタイムジャパン

『トラックカーナビ』、ドライバーの走行実績をルート検索に反映~大型車の走行実績の多い道を優先表示~

2019年7月31日


株式会社ナビタイムジャパン



ナビタイムジャパン 『トラックカーナビ』

トラックドライバーの走行実績をルート検索に反映

~大型車の走行実績の多い道を優先表示、ドライバーの"走りやすさ"と安全な業務を支援~


 

 株式会社ナビタイムジャパン(代表取締役社長:大西啓介、本社:東京都港区)は、2019年7月31日(水)より、トラック専用カーナビゲーションアプリ『トラックカーナビ』にて、大型車の走行実績の多い道路を考慮したルート検索に対応いたします。



20190726_truck_press_2.png
 走行実績は、『トラックカーナビ』アプリのユーザーから取得された過去6ヵ月分のGPSデータをもとに作成しています。車両の大きさ・通過時の速度・通過ユーザー数・総通過回数などから算出した各道路上の情報を、ルート検索時に考慮することで精度を高め、より快適なルートの提示が可能となります。走行実績に対応したルートは、ルート検索結果において「推奨」「無料優先」を選択することでご利用になれます。

 大型車は、一般乗用車と比べて車両が大きく、特に道幅の狭い道では電柱やポール、街路樹や枝葉など道路環境を把握する必要があります。しかし、これらの情報は地図データとして正確に整備することが難しいため、アプリから取得される走行実績を活用することで、トラックドライバーの"走りやすさ"を支援します。また、ベテランドライバーがよく利用する「ノウハウのある道」があれば、それをアプリ内で提案することでドライバーの運転技術の平準化に貢献できればと考えています。

 今後も『トラックカーナビ』は、ドライバーの皆さまに寄り添った機能拡充を行い、安心・安全な業務を支援できるよう、努めてまいります。


●トラック専用カーナビアプリ『トラックカーナビ』ダウンロード

※「NAVITIME」は、株式会社ナビタイムジャパンの商標または登録商標です。
※その他、記載されている会社名や商品名等は、各社の商標または登録商標です。