トップ > プレスリリース > 2017年 > 2月26日開通 圏央道の茨城県区間全線開通(境古河IC~つくば中央IC間)に即日対応

2月26日開通 圏央道の茨城県区間全線開通(境古河IC~つくば中央IC間)に即日対応|ナビタイムジャパン

2月26日開通 圏央道の茨城県区間全線開通(境古河IC~つくば中央IC間)に即日対応

2017年2月23


株式会社ナビタイムジャパン



2月26日開通

圏央道の茨城県区間全線開通(境古河IC~つくば中央IC間)に即日対応

~開通前でも、開通後の日付を指定して検索すると、開通後のルートが検索できます~



 株式会社ナビタイムジャパン(代表取締役社長:大西啓介、本社:東京都港区)は、2017年2月26日(日)開通予定の首都圏中央連絡自動車道(圏央道)の茨城県区間全線開通に即日対応します。対応サービスは、『NAVITIME』『NAVITIMEドライブサポーター』『カーナビタイム』『トラックカーナビ』『ツーリングサポーター』『ビジネスナビタイム 動態管理ソリューション』など、自動車(バイク含む)のルートが検索できる全てのサービスです。


≪開通区間概要≫ 

・開通区間:境古河IC~つくば中央IC

・開通日:2017年2月26日(日)15:00

・延長:28.5km


 2017年2月23日(木)以降は、実際の道路が開通する前でも、ルート検索で開通後の日時を指定すると、新規開通道路に対応したルートを検索する事ができます。なお、本開通に伴い変更された東京外環自動車道(大泉IC・JCT~三郷南IC)の対距離制料金にも即日対応いたします。


 ナビタイムジャパンでは、常に最新の地図でナビゲーションをするため、2012年から高速道路の新規開通への即日対応を、2016年12月13日からは「地図自動更新機能」によって、一般国道や都道府県道などの道路開通も、最短で開通翌日から自動で地図への反映を行っております。これらの取り組みにより、今年度は約160本の開通道路を、地図へ反映させています。


 主要な高速道路の開通に対しては、これからも即日対応と事前検索への対応を行い、常に新しい地図で、お客様の快適なドライブのサポートができるよう、努めてまいります。


【サービスイメージ】

kenodo_tsukuba_sakaikoga.jpg


●「地図自動更新機能」について

http://corporate.navitime.co.jp/topics/pr/201612/13_3985.html


※ 『カーナビタイム』に関してはオンライン時にのみ利用できます。

※ 「NAVITIME」「ドライブサポーター」「カーナビタイム」「ツーリングサポーター」「ビジネスナビタイム」は、株式会社ナビタイムジャパンの登録商標です。

※ その他、記載されている会社名や商品名等は、各社の商標または登録商標です。