トップ > プレスリリース > 2017年 > 世界初!「電車混雑回避ルート」を提供開始

世界初!「電車混雑回避ルート」を提供開始|ナビタイムジャパン

世界初!「電車混雑回避ルート」を提供開始

2017年3月16


KDDI株式会社

株式会社ナビタイムジャパン



『auナビウォーク』 『NAVITIME』

世界初※1! 「電車混雑回避ルート」を提供開始

~少し早い電車に乗れば座れる、少し時間はかかるけど満員電車を避けられる、など毎日の電車移動をちょっと快適に!~



 KDDI株式会社(代表取締役社長:田中孝司、本社:東京都千代田区)と、株式会社ナビタイムジャパン(代表取締役社長:大西啓介、本社:東京都港区)は、2017年3月16日(木)より、「auナビウォーク」「NAVITIME」にて、世界初※1となる、「電車混雑回避ルート」を提供開始します。


 「電車混雑回避ルート」では、「乗換案内」や「トータルナビ」で首都圏のルート検索をすると、通常の検索結果(最大4件)に加えて、表示されている検索結果よりも空いているルートがある場合に、「混雑を避けたルート」を表示します。対象時間は、平日の終日で、上り方面、下り方面ともに対応します。また、曜日単位の混雑傾向も考慮します。


 お客さま側での新たな設定は不要で、ルート検索時に自動で空いているルートが提示されます。終日対応しているため、朝の通勤ラッシュ時間帯だけでなく、比較的時間に余裕のある帰宅時間帯のルート検索時でも、より便利にお使いいただけます。


 ナビタイムジャパンでは、お客さま一人ひとりの快適な移動をサポートする取り組みとして、1駅ごとの混雑状況の地道な調査を行い、首都圏の約2,500万人が乗る電車を経路探索エンジンにより予測する技術「電車混雑シミュレーション」を独自開発しています。2016年4月19日より、「auナビウォーク」「NAVITIME」「乗換NAVITIME」にて、本技術をもとに生成した予測データを加工し、アプリ内にて「電車混雑予測」として提供しています。


 今後も、さらに予測精度の向上や対象路線の拡大に努め、混雑の見える化やお客さま一人ひとりの快適な移動をサポートする機能を提供することで、日本の電車の混雑緩和にも貢献していきます。

  

※1  ナビゲーションアプリとして、世界初。2017年3月16日時点。ナビタイムジャパン調べ。


【サービスイメージ】

0316_konzatsukaihi.jpg



1.対応路線(65路線)

JR:川越線、京浜東北線、京葉線、埼京線、湘南新宿ライン、常磐線、総武線快速、総武線各停、外房線、高崎線、中央線、東海道線、東北本線、南武線、根岸線、武蔵野線、山手線、横須賀線、横浜線


地下鉄:銀座線、千代田線、東西線、南北線、半蔵門線、日比谷線、副都心線、丸ノ内線、有楽町線、都営浅草線、都営大江戸線、都営新宿線、都営三田線


私鉄:小田急小田原線、小田急多摩線、小田急江ノ島線、京王線、京王相模原線、京王井の頭線、京王新線、京急本線、京成本線、京成押上線、京成成田空港線・北総鉄道線、東葉高速線、埼玉高速鉄道、西武新宿線、西武池袋線、西武有楽町線、相鉄本線、相鉄いずみ野線、つくばエクスプレス、東急東横線、東急目黒線、東急田園都市線、東急大井町線、東急池上線、東急多摩川線、東京モノレール、東武伊勢崎線、東武東上線、日暮里舎人ライナー、みなとみらい線、ゆりかもめ、りんかい線

 ※相鉄本線、相鉄いずみ野線は、2017年3月18日のダイヤ改正に伴い、2017年3月21日より、本機能に対応いたします。



2.『電車混雑回避ルート』対応アプリ

「auナビウォーク」

 au Market  https://touch.eznavi.auone.jp/lp/walk へ遷移後「アプリダウンロード」を押下

 iOS     https://itunes.apple.com/jp/app/id567663519?mt=8

 Android OS  https://play.google.com/store/apps/details?id=com.navitime.local.naviwalk.gl&hl=ja


「NAVITIME」

 iOS      https://itunes.apple.com/jp/app/id365876050 

 Android OS   https://play.google.com/store/apps/details?id=com.navitime.local.navitime



3.「電車混雑シミュレーション」技術とは

 ナビタイムジャパンでは、電車1本1本、1駅ごとの詳細な電車混雑を予測するために、「電車混雑シミュレーション」技術を開発しました。首都圏で平日に移動する約2,500万人の移動を、大都市交通センサス等の移動需要データと独自の乗換検索エンジンを利用してシミュレーションし、電車ごと、かつ、駅ごとの電車混雑を予測しています。

 https://www.navitime.co.jp/lp/predict_congestion/


※2016年4月の「電車混雑予測」の提供開始時は、平日の朝にラッシュ方向を走る電車に乗る約800万人の移動需要データを用いていましたが、この度の「電車混雑回避ルート」の提供開始に伴い、平日の終日で上り・下り両方向の電車に乗る約2,500万人の移動需要データに拡大し、対応路線も新たに11路線増やして両サービスを提供しています。


混雑回避イメージ2.png



「auナビウォーク」は、KDDI株式会社の商標又は登録商標です。

「NAVITIME」「カーナビタイム」「ドライブサポーター」は、株式会社ナビタイムジャパンの商標または登録商標です。 

その他、記載されている会社名や商品名等は、各社の商標又は登録商標です。