トップ > プレスリリース > 2017年 > BLE搭載機器にスマホからの情報転送を支援する 『IoTナビソリューション』提供開始

BLE搭載機器にスマホからの情報転送を支援する 『IoTナビソリューション』提供開始|ナビタイムジャパン

BLE搭載機器にスマホからの情報転送を支援する 『IoTナビソリューション』提供開始

2017年7月11


株式会社ナビタイムジャパン



BLE搭載機器にスマホからの情報転送を支援する

『IoTナビソリューション』提供開始

~インターフェイス仕様を公開。車内のあらゆるものがナビゲーションにつながる~


 

 株式会社ナビタイムジャパン(代表取締役社長:大西啓介、本社:東京都港区)は、2017年7月11日(火)より、BLE(ブルートゥース・ロー・エナジー)搭載機器にスマホからの情報転送を支援する『IoTナビソリューション』を提供開始いたします。


 近年の自動車内の情報機器やセンサーがインターネットにつながるコネクテッドカー(つながるクルマ)の普及に伴い、ナビタイムジャパンでは、ドライバー向けの各種サービスの開発ご担当者向けに、カーナビゲーションをAPIやOEM、開発キット・SDKとしてサービス提供する『NAVITIME CONNECT』を展開しています。

 『NAVITIME CONNECT』では、スマートフォン内のさまざまなセンサーを活用したナビゲーションの展開を行っていますが、このたび、Bluetooth市場において、さらに省電力、少ないデータ、近距離で通信できるとされるBLEを活用し、BLE搭載機器であれば、車内のあらゆるものにナビゲーションを表示することのできる、『IoTナビソリューション』を提供開始いたします。


 『IoTナビソリューション』は、ナビタイムジャパンのナビゲーション、地図、交通・渋滞や天気・周辺店舗営業時間などのリアルタイム情報などを、スマートフォンから、車内のBLE搭載機器に転送できるサービスです。

 表示する情報は、機器の種類に合わせてカスタマイズでき、例えば、ヘッドアップディスプレイには地図を、スピードメーター部分には残距離と渋滞情報を文字表示する、視認性の良い矢印を表示する、などといった表現が可能です。


 また、このような機器に対して情報を転送できる仕組みは、ナビタイムジャパンとして初めて、インターフェイス仕様を公開することで実現しています。


 この度の対応によりナビタイムジャパンでは、ナビゲーションの新しい表現方法を提案することで、お客様の実施されている、ドライバーの運転体験をより豊かにするための、さまざまな施策に貢献できればと考えております。


●『IoTナビソリューション』インターフェイス仕様

 http://connect.navitime.co.jp/pdf/BLE_guidance_informations_transferr_protocol_specification.pdf

●『IoTナビソリューション』サービスイメージ

ナビソリューション.png

●スマホからBLE搭載機器への情報転送の仕組み

情報転送の仕組み.png


●『NAVITIME CONNECT』について 

 http://connect.navitime.co.jp/

●お問い合わせ先

 ナビタイムジャパン オートモーティブ事業 

 Email:connect-pj@navitime.co.jp 


「NAVITIME」は、株式会社ナビタイムジャパンの商標または登録商標です。 

その他、記載されている会社名や商品名等は、各社の商標又は登録商標です。