トップ > プレスリリース > 2017年 > 「ツーリズムEXPOジャパン2017」に出展

「ツーリズムEXPOジャパン2017」に出展|ナビタイムジャパン

「ツーリズムEXPOジャパン2017」に出展

2017年9月7


株式会社ナビタイムジャパン


「ツーリズムEXPOジャパン2017」に出展

~旅行プラン作成や観光ガイド記事が読める旅行に便利なアプリを初出展!豪華賞品の当たるゲームも開催!~



 株式会社ナビタイムジャパン(代表取締役社長:大西啓介、本社:東京都港区)は、2017年9月21日(木)より開催される「ツーリズムEXPOジャパン2017」に出展いたします。


 ブースでは、旅行プランの作成・編集や、航空券・宿泊施設の予約、ナビタイムジャパンが独自に取材した旅行ガイド記事が読める多言語旅行アプリを初めて出展いたします。また、QUOカードやオリジナルグッズが当たるビンゴゲーム※1を実施いたします。


 法人向けには、旅程作成ツールや特定店舗の周辺観光スポットを紹介するコンテンツを企業様サイトに表示するサービス(ASPパッケージ)などを紹介いたします。

 自治体向けには、訪日外国人観光客向け多言語観光アプリの開発やビッグデータを用いた国内観光分析などを紹介いたします。


※1 ビンゴゲームは、9月23日(土)、24日(日)のみ実施します。


≪「ツーリズムEXPOジャパン2017」概要≫

・出展期間:2017年9月22日(金)~9月24日(日)10:00~18:00

 ※22日(金)は業界・プレスデー ※24日(日)は17:00まで

・会場:東京ビッグサイト 東展示棟


≪出展場所≫

東3ホール 旅行会社エリア ブース番号:K-12

会場図.png

≪出展内容≫

① コンシューマー向けサービス

・【初出展】旅行プランニング機能や旅行ガイド記事などを提供するアプリの展示

・Webサイト『NAVITIME Travel』、スマートフォンアプリ『NAVITIME Transit』、『NAVITIME』、『自転車NAVITIME』の展示


② 旅行業界企業や公共交通事業者向けサービスの紹介

ナビタイムジャパンの経路探索技術やコンシューマー向けサービスで培ったノウハウ、データを基に、旅程作成ツールや、特定店舗周辺の観光記事やスポットを企業様サイトに表示して、誘客するサービスを紹介します。


③『自転車NAVITIME』自治体との取り組み事例

自転車利用者向け多言語観光案内アプリの共同開発事例や、自治体がお持ちのサイクリングロードを『自転車NAVITIME』内で音声案内できるサービスなどを紹介します。


④『NAVITIME』「着せ替え」機能の取り組み事例

ご当地キャラクターなどと連携して、『NAVITIME』の一部デザインを、ユーザーの好みに合わせて変更できるアイテム制作について紹介します。


⑤「ビッグデータで新たな周遊ルートをプランニング」の展示・プレゼンテーション(22日(金)のみ)

ナビタイムジャパンの持つ移動に関するビッグデータを活用し、アソシエーション分析を用いた、潜在的な需要がある新しい周遊ルートを提案する取り組みを紹介します。


⑥「訪日外国人の動態分析による観光資源の磨き上げ」のプレゼンテーション(22日(金)のみ)

訪日外国人の国籍別の行動データ・周遊傾向に基づいた、観光資源の磨き上げと情報配信の取り組みを紹介します。


 

※「NAVITIME」は、株式会社ナビタイムジャパンの商標または登録商標です。

※その他、記載されている会社名や商品名等は、各社の商標または登録商標です。