トップ > プレスリリース > 2017年 > 法人向け運行管理サービス『ビジネスナビタイム動態管理ソリューション』、「荷待ち時間」の記録に対応

法人向け運行管理サービス『ビジネスナビタイム動態管理ソリューション』、「荷待ち時間」の記録に対応|ナビタイムジャパン

法人向け運行管理サービス『ビジネスナビタイム動態管理ソリューション』、「荷待ち時間」の記録に対応

2017年10月3


株式会社ナビタイムジャパン


法人向け運行管理サービス『ビジネスナビタイム動態管理ソリューション』

「荷待ち時間」の記録に対応

~国交省による省令を考慮した、荷待時間・附帯業務・積卸作業の記録と、レポートの出力ができる~



 株式会社ナビタイムジャパン(代表取締役社長:大西啓介、本社:東京都港区)は2017年10月3日(火)より、法人向けの運行管理サービス『ビジネスナビタイム 動態管理ソリューション』が、「荷待ち時間」の記録に対応いたします。


 「荷待ち時間」とは、荷物の積み下ろしの間にドライバーが待機する時間を指し、トラックドライバーの長時間労働の是正が急務となっている背景から、国土交通省により、「貨物自動車運送事業輸送安全規則の一部を改正する省令」が、2017年5月31日(水)に公布、同年7月1日(土)より施行され、「荷待ち時間」を乗務記録に記載するよう義務付けられました。


 このたびの対応では、『ビジネスナビタイム 動態管理ソリューション』内で提供している「実績データ出力」機能を拡張することで、上記省令を考慮した「荷待ち時間」をはじめとした業務時間の記録、およびフォーマットの出力が可能になります。省令では荷待ち時間が30分を超えた場合に記録を必要としますが、サービス上で簡単に記録・出力ができるため、日頃の業務記録としてもご活用いただけます。


 「実績データ出力」機能は、ドライバーが携行するスマートフォン向けアプリで取得した実績を管理者のパソコン上で、一覧・帳票形式にて出力できる機能です。このたび、帳票形式の一つとして「荷待ち時間出力フォーマット」を追加しました。このフォーマットは、荷待ち時間記録の義務付けに関する省令に対応した形式で出力できます。「荷待ち開始・終了」「附帯業務開始・終了」「荷積み・荷卸し開始・終了」の項目を含みます。また、荷待ち時間や附帯業務時間の合計時間を自動で計算する機能なども、独自に追加しています。

 帳票は、任意の期間を選択し、一括出力することもできるため、事業所全体の集計・分析にもご活用いただけます。


 今回の対応により、事業所全体の作業履歴を一定のフォーマットで蓄積・管理ができるようになるため、ドライバーや管理者の業務効率化が期待できます。

 今後も『ビジネスナビタイム 動態管理ソリューション』では、業界やお客様のニーズに合わせた機能拡充に努めてまいります。


※ 作業者用アプリとしてAndroid OSおよびiOSに対応しています。作業者用アプリでは、ナビゲーションや作業報告などの機能をご利用になれます。アプリのご利用には『ビジネスナビタイム 動態管理ソリューション』のIDが必要になります。

 

【サービスイメージ】

サービスイメージ①.png

サービスイメージ②.png

●『ビジネスナビタイム 動態管理ソリューション』について

『ビジネスナビタイム 動態管理ソリューション』とは、複数の社用車を保有されている法人企業様向けに、スマートフォンを活用した動態管理、およびカーナビゲーション機能を提供するクラウド型運行管理サービスです。社用車の配車計画の作成、作業者の現在位置確認、作業ステータスの確認や登録、本格的なカーナビゲーション、およびメッセージの送受信などが行えます。


●サービス紹介ページ 

http://fleet.navitime.co.jp/


●お客様からのお問い合わせ先

株式会社ナビタイムジャパン ビジネスナビタイム事業部 

Email:ntj-sd-hp@navitime.co.jp



「ビジネスナビタイム」は、株式会社ナビタイムジャパンの商標または登録商標です。 

その他、記載されている会社名や商品名等は、各社の商標又は登録商標です。