トップ > プレスリリース > 2017年 > 『自転車NAVITIME』、NPO、宇都宮市や矢板市など7つの自治体と連携

『自転車NAVITIME』、NPO、宇都宮市や矢板市など7つの自治体と連携|ナビタイムジャパン

『自転車NAVITIME』、NPO、宇都宮市や矢板市など7つの自治体と連携

2017年10月18


株式会社ナビタイムジャパン


『自転車NAVITIME』、NPO、宇都宮市や矢板市など7つの自治体と連携

~日本初※1、自治体が設定したサイクリングコースを音声でナビゲーション~



 株式会社ナビタイムジャパン(代表取締役社長:大西啓介、本社:東京都港区)は、2017年10月18日(水)より、特定非営利活動法人 栃木スポーツコミッションおよび、宇都宮市、矢板市、栃木市、日光市、大田原市、高根沢町、那須町の7つの自治体と連携し、栃木県内の周遊を促進するための事業を実施します。

 その第一弾として、自転車専用ナビゲーションアプリ『自転車NAVITIME』において、栃木県内のサイクリングコースをナビゲーションできる機能の提供を開始いたします。

 自治体が設定したサイクリングコースを音声でナビゲーションする機能は、日本で初めてです。


 今回は『自転車NAVITIME』にて、栃木県内の3つのサイクリングコースを紹介します。これらのコースのナビゲーションは、無料でご利用になれます。各コースの特長は以下の通りです。


1、那須~宇都宮コース

那須の大自然に触れながら、大田原市の「なかがわ水遊園」で川魚の生態を見て、矢板市の「道の駅やいた」では、名物りんごソフトを堪能し、高根沢町の「元気あっぷむら」で温泉につかることができるコースです。


2、日光~渡良瀬遊水地コース

日光の代表的観光スポット「神橋」から出発し、日光市、宇都宮市、栃木市の道の駅等に立ち寄りながら、各市の特徴を感じられるコースです。


3、ジャパンカップコース

世界レベルの選手達があっという間に駆け上がる、標高差185mの「古賀志林道の上り坂」や「赤川ダム沿い」など、宇都宮市森林公園を周回する、ジャパンカップサイクルロードレースのコースです。


 『自転車NAVITIME』にて紹介したサイクリングコースを掲載したリーフレットを、2017年10月21日(土)に開催される「2017ジャパンカップクリテリウム」会場で配布します。さらに10月下旬より、栃木県内のサイクリングステーションや協力店舗、道の駅等でも順次配布する予定です。


 今後もナビタイムジャパンは、栃木県の自治体との連携を深め、栃木県内の周遊促進の一助として貢献できればと考えております。


※1 2017年10月18日時点。ナビタイムジャパン調べ。


●サービスイメージ

サービスイメージ(サイト用).png


●リーフレット

 栃木県サイクリングコース_表紙と中面.png


●栃木スポーツコミッションについて

栃木県民をはじめとするすべての人々に対して、地域に根ざしたサイクルスポーツ事業を行うと共に、サイクルスポーツの普及、自転車を活用した都市整備への提言、自転車を通した地域活性化などを行い、健康的な環境に優しい地域づくりに寄与することを目的としています。


●ジャパンカップサイクルロードレースについて

ジャパンカップはアジアにおける最大レースの1つであり、ツール・ド・フランスやジロ・デ・イタリアといった、世界の第一線で活躍する選手たちの本気の勝負を間近で見ることが出来る日本で唯一の大会です。


●『自転車NAVITIME』アプリダウンロード

・iOS:https://itunes.apple.com/jp/app/id447024088?mt=8

・Android OS:https://play.google.com/store/apps/details?id=com.navitime.local.cycle


「NAVITIME」は、株式会社ナビタイムジャパンの商標または登録商標です。 

その他、記載されている会社名や商品名等は、各社の商標又は登録商標です。