トップ > プレスリリース > 2017年 > スマホアプリとクルマをつなげるSDL業界化団体「スマートデバイス リンク コンソーシアム」に加盟

スマホアプリとクルマをつなげるSDL業界化団体「スマートデバイス リンク コンソーシアム」に加盟|ナビタイムジャパン

スマホアプリとクルマをつなげるSDL業界化団体「スマートデバイス リンク コンソーシアム」に加盟

2017年10月25


株式会社ナビタイムジャパン


ナビタイムジャパン、

スマホアプリとクルマをつなげるSDL業界化団体「スマートデバイス リンク コンソーシアム」に加盟

~東京モーターショー「TOKYO CONNECTED LAB 2017」にて、カーナビアプリのデモを展示~



 株式会社ナビタイムジャパン(代表取締役社長:大西 啓介、本社:東京都港区)は、2017年10月25日(水)より、スマートフォンと車載器を連携し、スマートフォンアプリを車内で利用するためのオープンソース「スマートデバイスリンク (以下、SDL)」を管理する非営利団体「スマートデバイス リンク コンソーシアム」に加盟しましたのでお知らせします。


 「スマートデバイス リンク コンソーシアム」は、トヨタ自動車株式会社 (代表取締役社長:豊田 章男、本社:愛知県豊田市) など、世界各国の自動車メーカ、車載機器メーカ、オートモーティブ関連ソフトウェア各社が加盟している非営利団体です。SDLは、スマートフォンアプリとクルマがつながるためのオープンソースプラットフォームで、スマートフォン、車載器それぞれOSが異なっていてもスマートデバイスリンクをサポートしていれば、自動車でナビゲーション、音楽、インターネットなどのスマートフォンアプリを楽しむことができるものです。


 「スマートデバイス リンク コンソーシアム」の加盟に伴い、ナビタイムジャパンは、10月27日(金)より開催の「第45回東京モーターショー2017」主催者展示「TOKYO CONNECTED LAB 2017」において、SDLのデモアプリを展示します。


 デモアプリは、ナビタイムジャパンがスマートフォン向けに提供するカーナビアプリ『カーナビタイム』(iOS/Android OS)をSDLに対応しました。接続する車載器のディスプレイに合わせてアプリが表示され、車載器のディスプレイ上でアプリを操作することができます。スマホならではの快適な操作感と車内での利用に最適化したカーナビとしての利便性を両立させたデモアプリとなっています。


 ナビタイムジャパンでは今後も、利用者のより快適なドライブをサポートできるよう、技術開発に積極的に取り組んでまいります。



●車載機と連携した通信カーナビの開発支援について

ナビタイムジャパン「NAVITIME CONNECT」サイト:http://connect.navitime.co.jp/


●東京モーターショー「TOKYO CONNECTED LAB 2017」

・開催期間:2017年10月27日(金)~2017年11月5日(日)

・東京ビッグサイト 西ホール

・小間番号:TCL01(トヨタ自動車ブース内)

・公式サイト:http://www.tokyo-motorshow.com/tcl/


●サービスイメージ

img_press_sdl.png



「NAVITIME」「カーナビタイム」は、株式会社ナビタイムジャパンの商標または登録商標です。 

その他、記載されている会社名や商品名等は、各社の商標又は登録商標です。