トップ > プレスリリース > 2017年 > 『NAVITIME』、「終電後に帰れるルート」を提供開始

『NAVITIME』、「終電後に帰れるルート」を提供開始|ナビタイムジャパン

『NAVITIME』、「終電後に帰れるルート」を提供開始

2017年12月19


株式会社ナビタイムジャパン



『NAVITIME』、「終電後に帰れるルート」を提供開始

「電車・深夜バスで行けるところまで行って、そこからタクシーを使う」ルート表示が可能に!



 株式会社ナビタイムジャパン(代表取締役社長:大西啓介、本社:東京都港区)は、2017年12月19日(火)より、Android OS向け『NAVITIME』にて、「終電後に帰れるルート」の提供を開始いたします。 


 本機能は、自宅最寄り駅の終電後に、「電車・深夜バスを含む公共交通機関で行けるところまで行って、そこからタクシーを使う」ルートを提供する機能です。

 お客さま側の特別な設定は不要で、終電検索や終電前後時刻発のルート検索時に、通常の検索結果(最大4件)に加えて、対象のルートがある場合に「終電後に帰れるルート」が提示されます。本機能は無料※1です。


 これまでは、終電後にルート検索をすると、始発電車やタクシーのみを利用したルートを表示していましたが、このたび、目的地周辺の駅までの、最も遅い電車やバスと、タクシーを組み合わせることで、料金を抑えて始発を待たずに自宅に帰れるルートを表示できるようになりました。

 また、これまでも電車とタクシーを利用する「タクシー優先ルート」を提供していましたが、今回は、一本でも遅い電車・バスを使うことに特化し、目的地周辺駅からタクシーを使うルートを提供します。


 本機能は、利用者からのご要望の多かった機能であり、複数の移動手段を使った経路探索を強みとするナビタイムジャパンならではの技術により実現しています。

 

 このたびの対応により、飲み会やお出かけを楽しんで、つい終電を逃してしまった、という方に対して、その日のうちに自宅に帰る方法を検討する一助としてご活用いただくことが可能になります。

 ナビタイムジャパンでは、お客様の多様なニーズにお応えするため、更なるサービスの向上に努めて参ります。


 なお、iOS向け『NAVITIME』でも、近日対応を予定しております。


※1「トータルナビ」機能をご利用の場合、ルート検索結果一覧は無料でお使いいただけますが、ルート詳細画面は有料会員登録が必要になります。
※ 今回は、終夜ダイヤには対応していません。


【サービスイメージ】 

pr_20171219.png


●『NAVITIME』徒歩・電車・バス・車・飛行機など様々な移動手段から最適なルートを検索できる総合ナビゲーションアプリ

ダウンロード

Android OS:https://play.google.com/store/apps/details?id=com.navitime.local.navitime

iOS     :https://itunes.apple.com/jp/app/id365876050?mt=8


「NAVITIME」は、株式会社ナビタイムジャパンの商標または登録商標です。 
その他、記載されている会社名や商品名等は、各社の商標又は登録商標です。