プレスリリース/
お知らせ

年別一覧

『ドライブレコーダーNAVITIME』を「auスマートパス」で提供開始

 株式会社ナビタイムジャパン(代表取締役社長:大西 啓介、本社:東京都港区)は、2020年2月20日(木)より、KDDI株式会社の提供する「auスマートパス」にて、アプリを入れて車内に設置するだけで、スマートフォンをドライブレコーダーとして使える『ドライブレコーダーNAVITIME for auスマートパス』を提供開始いたします。


 本アプリは、ドライブレコーダー機能に特化したアプリで、最大30分の動画を、10本まで録画・保存できます。録画時間は、5分、15分、30分から選べ、連続録画設定をONにすると設定した時間で録画を繰り返します。画質も、低画質(480P)、中画質(720P)、高画質(1080P)から選択して設定可能です。

 録画した映像は、走っていた場所の地図と共に再生できるので、いつどこで撮影した画像かすぐにわかります。

 また、『NAVITIMEドライブサポーター』等、他のアプリとの同時起動も可能で、ピクチャ―インピクチャーモードで、ドライブレコーダーの撮影画像を表示しながら録画ができます。

※ 対応OSは、Android OS6以上。ピクチャ―インピクチャーモードでのバックグラウンド録画は、Android OS8以上でご利用になれます。
※ スマートフォン端末の残容量によっては、録画が開始できないことがあります。


■アプリアイコン
invalid_name.png






■サービスイメージ
20200220_ドライブレコーダーNAVITIME for au.png
「NAVITIME」「ドライブサポーター」は、株式会社ナビタイムジャパンの商標または登録商標です。
その他、記載されている会社名や商品名等は、各社の商標又は登録商標です。