プレスリリース/
お知らせ

年別一覧

東京都発を対象。7月の4連休と夏休み開始時期におけるお出かけ需要を分析

 株式会社ナビタイムジャパン(代表取締役社長:大西啓介、本社:東京都港区)の交通コンサルティング事業は、新型コロナウイルスに関するお出かけ需要の変化を分析しました。

 本分析は、ナビタイムジャパンが提供する各種ナビゲーションサービス(『NAVITIME』、『カーナビタイム』他)から同意を得て取得した経路検索条件データを活用し、東京都内を出発地として検索されたデータを分析しています。公共交通と自動車を対象に、土日および祝日のデータを集計し、休日のお出かけ需要を分析しました。

① 東京都を出発地とした目的地検索数の推移(都道府県別)
 東京都内を出発地として検索されたデータを抽出し、その目的地を都道府県単位で集計しました。2月3日週の土日・祝日における1日あたりの検索数を100とした場合の、各週の土日・祝日における1日あたりの検索数の推移をグラフで示しました。目的地として検索された都道府県にて、特徴の見られたものを抜粋しています。

・山梨県や長野県へのお出かけ需要は増加
 山梨県や長野県への検索は、緊急事態宣言の解除後に増加しています。 7月23日(木)~26日(日)までの4連休を含む7月20日週は天気が芳しくなかったものの、夏休みが始まった7月27日週は天気も良く増加傾向です。山梨県の7月27日週の検索数は、2月3日と同程度(99%)となっています。これら地域は、東京近隣のため車でお出かけしやすい県であり、外出先として人気が上がっていると考えられます。
・大都市圏へのお出かけ需要は低調
 大都市圏への検索は、緊急事態宣言の解除後もあまり増えていません。東京都からの7月27日週の検索数を2月3日週と比べると、大阪府33%、愛知県32%、福岡県32%といずれも2月3日週の3割程度にとどまっています。

図1:東京都を出発地とした検索件数の推移(都道府県別).png

② 東京都からのスポット検索ランキング(山梨県・長野県)
 東京都からの検索数が増加傾向にある山梨県と長野県を対象に、目的地として検索されたスポットを集計しました。対象期間は、7月23日(木)~26日(日)までの4連休を含む、7月20日週および夏休みの始まる7月27日週の土日・祝日、東京都内を出発地として検索されたデータを対象としています。

・観光スポットや温泉・宿泊地が多くランクイン
 緊急事態宣言中は、生活雑貨や日用品に関するスポットが多く検索されていましたが、観光スポットや温泉・宿泊地が多くランクインしていることから、観光目的での需要が多いことがわかります。また、温泉や湖などの自然に関するスポットが多くランクインしていることから、3密を避けたお出かけの需要があると考えられます。

図2:東京都内を出発地とした人気スポットランキング.png

●目的地検索ランキングに関するプレスリリース
2020年6月30日 緊急事態宣言による交通量および目的地検索の変化を分析

●経路検索条件データについて図11.png
ナビタイムジャパンが提供する各種検索サービス(『NAVITIME』、『カーナビタイム』他)で取得した検索履歴のデータで、発着地や日時等の情報を蓄積しています。年間18億件の検索履歴のデータをもとに、人気の観光スポットや、季節変動、回遊行動がわかります。

●交通コンサルティング事業について
ナビタイムジャパンの交通コンサルティング事業では、道路交通や公共交通、国内観光や訪日外国人について、移動に関する各種ビッグデータを活用した分析を行っています。
紹介ページ
▶Email:consulting-group@navitime.co.jp

「NAVITIME」は、株式会社ナビタイムジャパンの商標または登録商標です。
その他、記載されている会社名や商品名等は、各社の商標又は登録商標です。