プレスリリース/
お知らせ

年別一覧

「Amazon Alexa」に対応した新しいAlexaスキル「次のバス」で、複数のバス路線にタグ付けが可能に

 株式会社ナビタイムジャパン(代表取締役社長:大西啓介、本社:東京都港区)は、2021年2月12日(金)より、「Amazon Alexa」に対応したAlexaスキル「次のバス」スキルにおいて、複数のバス路線にタグを付ける機能を追加いたします。

 Alexaスキル「次のバス」とは、ユーザーが「Amazon Alexa」に話しかけると、バスの到着時間やバスの行き先を確認できる機能です。

 これまでは、登録した1つのバス路線にしか対応していませんでしたが、ユーザーの皆さまより、「目的や利用する人に合わせて、複数のバス路線を検索したい」といったご要望を多くいただいておりました。そのため、今回新たに、会社、学校、病院、駅、買い物、お出かけ、習い事の全7種類のタグを複数のバス路線に付けて、到着時間や行き先を確認できるようにいたしました。

 例えば「アレクサ、次のバスで会社」や「アレクサ、学校を次のバスで調べて」などと呼びかけるだけで、お出かけの目的やご家族それぞれの用途に合わせてバスの到着時間などの検索が可能になり、移動の様々なシーンで便利にご利用いただけます。

 今後も、ユーザーの皆さまのお声に耳を傾け、更なるサービスの向上に努めてまいります。

press_alexa-next-bus.png

●Alexaについて
Amazon Echoシリーズを支える頭脳であるAlexaは、クラウドに構築され、常に進化し、賢くなっています。Alexaに話しかけるだけで、音楽の再生、ニュースやスケジュールの読み上げ、タイマーやアラームのセット、プロ野球や大相撲などスポーツ結果の確認など、日常のさまざまな場面で役に立ちます。Echoの遠隔音声コントロール技術により、部屋中のさまざまな場所からでも、話しかけるだけで、これらのすべてを行うことができます。

●Amazon Echo シリーズについて
Echoシリーズは、音声による操作で、常にハンズフリーで利用でき、いつでも反応します。お客様が部屋のさまざまなところから声をかけ、各種の情報や音楽の再生、ニュース、天気などの情報を求めると、Alexaが直ぐに対応します。Echoは、遠隔音声認識技術と7つのマイクアレイにより、部屋中のさまざまなところから発せられる音声を明確に聞き取ります。また、それぞれのマイクの信号を合成する先進のビームフォーミング技術により、ノイズや反響音、さらには音声指示以外の話し声さえも抑制します。Echoの先進的なオーディオデザインには、専用のツイーター、2.5インチ ダウンファイアーウーファーを組み合わせ、部屋全体に鮮明なボーカルとダイナミックな低音レスポンスを実現するDolbyプロセッシングが採用されています。

「NAVITIME」は、株式会社ナビタイムジャパンの商標または登録商標です。
その他、記載されている会社名や商品名等は、各社の商標又は登録商標です。