プレスリリース/
お知らせ

年別一覧

カーナビアプリ『カーナビタイム』スズキのSDL対応車載機で案内可能に

 株式会社ナビタイムジャパン(代表取締役社長:大西 啓介、本社:東京都港区)は、スズキ株式会社(代表取締役社長:鈴木 俊宏、本社:静岡県浜松市)の提供する車載機との連携を開始し、2020年7月3日(金)より、ナビタイムジャパンが提供する、iOS向けカーナビアプリ『カーナビタイム』をスズキ車両にメーカーオプションで搭載されたSDL※1対応車載機にて、利用可能になります。

 『カーナビタイム』は、端末内に地図を保持することでオフラインでも使用できるスマートフォン向け本格派カーナビアプリです。VICSによるリアルタイムの渋滞情報や駐車場の満空情報の確認、独自のノウハウを活かして渋滞を考慮したルートや車高・車幅を考慮したルートを案内します。衝撃検知・自動記録対応の「ドライブレコーダー」機能を搭載し、2020年6月から英語での案内にも対応しました。
 車載ディスプレイを用いることで、視認性も向上し、より安全・快適に『カーナビタイム』をご利用いただけます。

 ナビタイムジャパンでは、2017年10月に、SDLを管理する非営利団体「スマートデバイスリンクコンソーシアム」に加盟して以来、車載ディスプレイ上でスマートフォンカーナビアプリの操作性を高めるために研究開発を重ねてきました。2018年9月より、「Apple CarPlay」に対応し、その後のOSアップデートに合わせて、交差点やジャンクションの案内画像表示、「ドライブレコーダー」機能にも対応しています。2019年10月には、SDL対応『カーナビタイム』を提供開始し、SDL対応車載機との連携は、トヨタ自動車、ダイハツ工業に続いて3社目となります。

 今後は、『カーナビタイム』と車載機を連携させることで、車速情報など車両から取得できる情報をスマートフォンアプリで活用することも検討しています。これにより、例えば、トンネル内などGPS情報を取得できない場所でもより正確なナビゲーションが可能となるなど、ナビタイムジャパンのカーナビゲーション技術およびサービスのさらなる向上も期待されます。

 ナビタイムジャパンでは今後も、車載機向けアプリの利便性を高めるとともに、様々なプラットフォームでの技術的支援を通じて、ドライバーが安全・快適に移動できる環境づくりに取り組んでまいります。

 なお、Android OS向け『カーナビタイム』においても順次対応予定です。

1 SDLについて
トヨタ自動車、スズキ、フォードをはじめ、世界各国の自動車メーカ、車載機器メーカ、オートモーティブ関連ソフトウェア各社が加盟している非営利団体「スマートデバイスリンクコンソーシアム」によって策定されている、業界標準の車載コネクト用オープンソースプラットフォームです。

img_suzuki_sdlimage.png

・『カーナビタイム』について
サービス紹介ページ
iOS向けアプリダウンロード

・「SDL」に関するプレスリリース
2017/10/25)スマートフォンアプリとクルマをつなげるSDL業界化団体「スマートデバイス リンク コンソーシアム」に加盟
2019/2/12)損保ジャパン日本興亜とナビタイムジャパン、「車載ディスプレイ用ポータブルスマイリングロード」に関する実証実験の実施
2019/9/19)損保ジャパン日本興亜とナビタイムジャパン、「車載ディスプレイ用ポータブルスマイリングロード」 提供開始のお知らせ
2019/10/10)カーナビアプリ『カーナビタイム』、トヨタ自動車のSDL対応車載機で案内可能に
2019/11/6)カーナビアプリ『カーナビタイム』、ダイハツのSDL対応車載機で案内可能に

・車載機と連携した通信カーナビの開発支援について
ナビタイムジャパン「NAVITIME CONNECT」サイトはこちらからご確認いただけます。

「Apple CarPlay」は米国及び他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。
「NAVITIME」「カーナビタイム」は、株式会社ナビタイムジャパンの商標または登録商標です。
その他、記載されている会社名や商名等は、各社の商標又は登録商標です。