プレスリリース/
お知らせ

年別一覧

『カーナビタイム』、「ドライブレコーダー」機能にて、スマートフォンの正面・背面カメラ同時録画に対応

 株式会社ナビタイムジャパン(代表取締役社長:大西 啓介、本社:東京都港区)は、2020年12月16日(水)より、iOS向け※1カーナビアプリ『カーナビタイム』で提供している、衝撃検知・自動記録対応の「ドライブレコーダー」機能にて、スマートフォンの正面・背面カメラ同時録画に対応いたします。

 これまでの「ドライブレコーダー」機能では、スマートフォンの正面・背面カメラのどちらかでしか録画できませんでしたが、両面のカメラで同時に手動録画・衝撃検知(自動録画)をご利用いただけます。また、正面・背面のカメラで記録した2つの動画と地図を並べて再生、確認することができます。

 この度の対応は、特にタクシードライバー等のプロドライバーより、業務上、カーナビゲーション機能を利用しながら、トラブルの時や危機運転への対応のため、前方と車内を同時に録画したいとのご要望を多くいただいておりました。
 あおり運転や万が一の事故があった場合でも、前方車両や車内、ドライバーの様子から、トラブルの原因究明や車内の状況・ハンドル操作の裏付けなどでお役立ていただき、今まで以上に安心安全な運転を支援できればと考えています。

※1 対応機種/対応OS:iPhone XR、iPhone 11以降/iOS 13.0以降

img_rec_camera2.png

 さらに、2020年12月31日(木)まで、【スマートフォンホルダーが割引になる安全運転支援キャンペーン】を実施いたします。より安全にカーナビゲーションをご利用いただくのはもちろん、今回「ドライブレコーダー」機能で対応の両面同時録画をご利用いただく際は、正常位置にスマートフォンを固定するのに大変便利です。キャンペーンの詳細は以下の通りです。

■【スマートフォンホルダーが割引になる安全運転支援キャンペーン】について
2020_12_ckt01_campaign_sns_ver2.pngキャンペーン期間中、通常価格の25%割引で、カーナビアプリ利用時に便利なスマートフォンホルダーをご購入いただけます。ホルダーは、スライド式のホールド方法で、様々なサイズのスマートフォンに対応可能です。車内への取り付けは、吸盤式で簡単に固定できます。
・対象期間:2020年12月31日(木)まで
・割引価格:2,980円(税込) ※通常、3,980円(税込)
・販売場所:Amazon.co.jp」販売サイト

■ ナビタイムジャパン提供の「カーナビアプリ×ドライブレコーダー」について
「カーナビゲーション」機能と「ドライブレコーダー」機能を合わせて利用できる日本初のサービスです。本サービスは、2019年2月7日より、『カーナビタイム』にて提供を開始しました。近年あおり運転等の危険運転が社会問題になっているなか、スマートフォンだけで手軽に利用できるため、ドライブレコーダーの普及を図るとともに、より安心安全な交通社会の実現に貢献します。また、本サービスは、2019年に『グッドデザイン賞』を受賞いたしました。
※ 2019年2月7日時点、ナビタイムジャパン調べ。
「ドライブレコーダー」機能紹介サイト
・関連プレスリリース
(2019年2月7日)カーナビアプリ『カーナビタイム』、衝撃検知・自動記録対応の「ドライブレコーダー」機能を提供開始
(2019年10月2日)地域共創循環プログラム「小学生との共創によるインバウンド地域づくり」と、安全運転支援ツール「カーナビアプリ×ドライブレコーダー」が、『2019年度 グッドデザイン賞』をダブル受賞!

■ iOS向け『カーナビタイム』ダウンロード
Apple Store

「NAVITIME」「カーナビタイム」は、株式会社ナビタイムジャパンの商標または登録商標です。
その他、記載されている会社名や商品名等は、各社の商標又は登録商標です。