プレスリリース/
お知らせ

年別一覧

『NAVITIMEドライブサポーター』ルート検索結果に目的地までのガソリン料金表示と「割り勘計算」機能を追加

 株式会社ナビタイムジャパン(代表取締役社長:大西 啓介、本社:東京都港区)は、2022年2月24日(木)より、カーナビゲーションアプリ『NAVITIMEドライブサポーター』のルート検索結果に、目的地までのガソリン料金表示と、ガソリン料金と高速道路料金の「割り勘計算」機能を追加いたします。

 目的地までのガソリン料金は、ルートを検索するだけで、出発地から目的地までの距離と、車種登録している車種ごとの燃費情報、毎日更新される現在地付近のガソリン価格から算出して表示します。ルートごとに算出されるので、移動にかかるガソリン料金を比較してルートを選ぶことができます。

 また、合わせて、ガソリン料金と高速道路料金の「割り勘計算」機能も追加いたします。「割り勘計算」ボタンを押すと、移動距離、高速料金、ガソリン価格、燃費が自動で入力され、人数(最大9名まで)を設定するだけで簡単に計算できます。

プレス_top.png

 『NAVITIMEドライブサポーター』では、スマートフォンのカメラでナンバープレートを読み取るだけで、大型車を含むほぼすべての車種を、簡単に車種登録できます。車種を登録すると、その車種に合った高速道路料金や、サイズにあったルート案内などが可能で、燃費についても車種ごとの燃費が自動で登録され、より実際に近いガソリン料金を計算できるようになっています。

 経済産業省が発表しているレギュラーガソリン1リットル当たりの全国平均小売価格が、2008年以来約13年ぶりの高値となるなど、ガソリン価格の高騰が続いています。いつも通りにルート検索をするだけで、移動に関わるコストを見える化し、ユーザーが比較検討したり、コストをシェアできるようにすることで、快適な移動をサポートできればと思っております。

経済産業省資源エネルギー庁 石油製品価格調査 1.給油所小売価格調査 より
プレス_割り勘画面.png

■関連プレスリリース
2021年4月28日『NAVITIMEドライブサポーター』カメラでのナンバープレート読み込みに対応し、車種登録が簡単に!登録車種数も大幅に拡充
2021年10月29日『NAVITIMEドライブサポーター』ガソリン価格の傾向を可視化した「ガソリン価格マップ」提供開始

■『NAVITIMEドライブサポーター』アプリ
 ▶iOS
 ▶Android OS

※「NAVITIME」「ドライブサポーター」は、株式会社ナビタイムジャパンの商標または登録商標です。
※その他、記載されている会社名や商品名等は、各社の商標又は登録商標です。