プレスリリース/
お知らせ

年別一覧

『NAVITIMEドライブサポーター』「初心者モード」を提供開始

2019年12月10日


株式会社ナビタイムジャパン



『NAVITIMEドライブサポーター』

「初心者モード」 を提供開始

~運転に不慣れでも走りやすいルートや、走行実績の振り返り機能を提供。免許取得から最大1年は全機能を無料で利用可能~


 

 株式会社ナビタイムジャパン(代表取締役社長:大西啓介、本社:東京都港区)は、2019年12月10日(火)より、Android OS向けカーナビアプリ『NAVITIMEドライブサポーター』にて「初心者モード」を提供開始いたします。


 「初心者モード」は、初心者ドライバーの運転に対する不安を取り除き、安全運転を手厚くサポートすることをコンセプトに、専用の機能を開発しました。運転に不安のあるペーパードライバーや、高齢者ドライバーの安全運転支援にもお役立ていただけます。

 さらに、初心者ドライバーをサポートするため、自動車運転免許取得から最大1年間、『NAVITIMEドライブサポーター』のすべての機能を無料で使えるようにいたします※1


■「初心者モード」に搭載した新機能

 1.運転が不慣れでも安心して走れるルートの提供

   道路が狭く交通量の多い都市高速を利用しないルートの提供や、右左折、狭い道でのすれ違い、車線変更の機会を

   なるべく減らすことで、運転技術が未熟でも安心して運転できます。

     ①都市高速を回避する「初心者」ルートの提供

     ②ルート検索時に、以下の条件を加えたルートを提供

       ・右左折をなるべく少なくする(特に右折とUターン)

       ・上下線で1車線以下の細い道路と、片側3車線以上の道路をなるべく避ける

     

 2.運転中に必要な情報が見やすい地図

   建物や道路の色数を減らしてシンプルで見やすくするとともに、ルート上のアイコンのみを表示するようにしました。


 3.音声とアイコンによる、危険個所の事前案内機能

   「標準モード」で提供している、速度超過、事故多発地点、一時停止等を音声やアイコンで喚起する機能に加え、

   音声による右左折時、合流時の注意喚起も行います。


 4.交通違反分析※2による走行実績振り返り機能

    走行ログをもとに、ドライバーの道路交通法違反がなかったかを分析し、地図上に注意喚起箇所を表示します。

      ・分析内容:制限速度違反、一時不停止、踏切不停止、進入禁止・通行禁止道路侵入違反


 ナビタイムジャパンではこれまでも、安心、安全で快適なドライブを支援するため、注意喚起の音声案内や渋滞回避などの様々な機能開発や、実証実験への参加などの取り組みを実施してまいりました。本件では、より不安も大きく不慣れな運転初心者やペーパードライバーに特化した機能で手厚くサポートをすることで、行動範囲を広げ、豊かな体験をもたらす一助となるとともに、自動車事故のない安心、安全な社会づくりへの貢献もできればと思っております。


※1 自動車の第一種免許が対象です。二種免許、二輪車の免許は対象外です。アプリ内での会員登録時に、初心者と判定されると無料でお使いに

   なれます。

※2 交通違反分析は、ご利用の走行状況や端末状況により、検知される項目が正確でない場合があります。


【サービスイメージ】

20191210_初心者モード.png



■「初心者モード」利用方法

ドロワーメニューの「モード選択」から「初心者モード」に切り替えることで利用できます。


●Android OS向け『NAVITIMEドライブサポーター』

https://play.google.com/store/apps/details?id=com.navitime.local.navitimedrive



※「NAVITIME」「ドライブサポーター」は、株式会社ナビタイムジャパンの商標または登録商標です。

※その他、記載されている会社名や商品名等は、各社の商標または登録商標です。