プレスリリース/
お知らせ

年別一覧

『トラックカーナビ』、大型車を駐車可能な休憩施設を全ユーザーで共有可能に

2020年6月9日

株式会社ナビタイムジャパン


トラックドライバー専用『トラックカーナビ』
大型車を駐車可能な休憩施設を全ユーザーで共有可能に

~ユーザー投稿型の地点情報共有機能を追加~


 株式会社ナビタイムジャパン(代表取締役社長:大西 啓介、本社:東京都港区)は、2020年6月9日(火)より、トラックドライバー専用アプリ『トラックカーナビ』にて、投稿型の地点情報共有機能「みんなの地点」を追加します。大型車を駐車可能な休憩施設やおすすめの地点情報を、全ユーザーで共有できるようになります。

img_みんなの地点.png

 『トラックカーナビ』では、ナビタイムジャパンが独自に整備した大型車が駐車可能な地点情報を提供していますが、アプリには掲載されていない、ドライバーが日頃からよく利用している休憩施設などをユーザー同士で共有したい、という声が多くあることが2019年度に実施したユーザーアンケートを通じてわかりました。

 新機能の「みんなの地点」は、トラックドライバーだからこそ知っている全国の大型車を駐車できる施設やおすすめの地点情報を、『トラックカーナビ』のユーザー同士で共有できる機能です。アプリ側で設定された投稿テーマに合わせて、ユーザーが簡単に投稿することができます。地点のおすすめ理由も併せて投稿でき、他のユーザーが追加情報を更新することも可能です。閲覧した地点をそのまま目的地に設定して、ナビゲーションを利用することもできます。

 投稿テーマは、「休憩ポイント」「入浴施設」「トレーラーが停められる地点」から選択でき、今後もユーザーリクエストに応じて追加していきます。

 これらの機能は5月から段階的に対応し、本日より正式に開始することになりました。「休憩ポイント」はすでに200地点近くの投稿があり、荷待ちや430(4時間以内で30分休憩)のために、大型ドライバーが車両を停めて待機できる場所の情報を求めていることが伺えます。

 この度の対応により、トラックドライバーが実際に利用して他のユーザーにおすすめしたい地点情報をシェアできるようになるため、初めての配送先でも安心して訪問する一助となればと考えています。

 『トラックカーナビ』はこれからも、ユーザーの皆さまのお声に耳を傾けてドライバーの方々に寄り添った機能拡充に努めるとともに、物流業界の抱える課題解決に貢献していきます。

 

■『トラックカーナビ』アプリユーザーアンケート結果(2019年度実施)
トラックドライバーに聞いたユーザー同士で共有したい地点情報について

img_みんなの地点_グラフ.png

「大型車が駐車可能で、無料で休憩ができる地点」を求める声が最も高く、次いで「大型車の走行に注意が必要な地点」「大型車が駐車可能で、食事可能な地点」の情報を求めていることがわかります。また、その他の自由回答では「入浴施設」に関する回答が多く集まりました。

■地点情報共有機能「みんなの地点」の利用状況(2020年5月以降)
「投稿カテゴリ」の追加リクエスト(車種別、カテゴリ別)

img_みんなの地点_リクエスト.png

車種別(左グラフ)では、「大型車向けの地点情報をまとめて見られる場所を求める」という声が80%という結果になりました。カテゴリ別(右グラフ)では、「駐停車可能地点」が39%で、「入浴施設」および「休憩施設」が16%、「食事処」10%、「ガソリンスタンド」4%、その他15%という結果になりました。

実際に投稿された地点のおすすめ理由(抜粋)

「休憩ポイント」
 ・18時をまわると混雑
 ・この近くにはトラックショップやトラックが駐車できる食事処があるから便利です
 ・道路から駐車スペースまで少し距離があるので転回も十分できると思います
「入浴施設」
 ・出口付近暗いので気をつけて入退場してください
 ・温泉質良し
「トレーラーが停められる地点」
 ・複数台駐車可能

■トラック専用カーナビアプリ『トラックカーナビ』について
高精度な到着予想時刻表示、車高・車幅・車長・大型車規制などと車両別に走行実績が多い道路を考慮したルート検索、複数の訪問先の最適訪問順の自動計算、大型車が駐車可能な施設検索など、トラックドライバー向けに特化した日本初のカーナビアプリです。

▶iOS
▶Android OS


「NAVITIME」は、株式会社ナビタイムジャパンの商標または登録商標です。
その他、記載されている会社名や商品名等は、各社の商標または登録商標です。