プレスリリース/
お知らせ

年別一覧

『NAVITIME for Slack』乗換検索結果に「電車混雑予測」を表示、英語でも利用可能

 株式会社ナビタイムジャパン(代表取締役社長:大西 啓介、本社:東京都港区)は、Slack向け乗換案内アプリ「NAVITIME for Slack」にて、2020年8月12日(水)より、乗換検索結果に、「電車混雑予測」情報を表示いたします。

 本サービスは、Slack上で乗換検索が可能で、JR、私鉄、地下鉄、新幹線、バスなど全国の交通機関に対応しており、どの交通手段を利用するかを詳細に設定したり、電車遅延などのリアルタイム運行情報も確認できるサービスです。

 今回、新たに乗換検索結果に、「電車混雑予測」を6段階のアイコンで表示いたします※。英語での検索時にも表示され、当社としては初めて、英語で「電車混雑予測」情報を提供いたします。

 「電車混雑予測」データは、首都圏約800万人を対象とした独自の「電車混雑シミュレーション※1」技術で生成した、電車混雑の予測データです。これまで、ナビタイムジャパンの提供する総合ナビゲーションアプリ『NAVITIME』や乗換案内アプリ『乗換NAVITIME』の「電車混雑予測」機能としてコンシューマー向けや、法人向けにも提供しています。

※平日の、下記対象路線が検索結果内にある場合にのみ表示します。

【サービスイメージ】

press__slack-congestion.png

■「電車混雑予測」対象路線(65路線) ※2020年8月12日現在
【JR】川越線、京浜東北線、京葉線、埼京線、湘南新宿ライン、常磐線、総武線快速、総武線各停、外房線、高崎線、中央線、東海道線、東北本線、南武線、根岸線、武蔵野線、山手線、横須賀線、横浜線

【地下鉄】銀座線、千代田線、東西線、南北線、半蔵門線、日比谷線、副都心線、丸ノ内線、有楽町線、都営浅草線、都営大江戸線、都営新宿線、都営三田線

【私鉄】小田急小田原線、小田急多摩線、小田急江ノ島線、京王線、京王相模原線、京王井の頭線、京王新線、京急本線、京成本線、京成押上線、京成成田空港線・北総鉄道線、東葉高速線、埼玉高速鉄道、西武新宿線、西武池袋線、西武有楽町線、相鉄本線、相鉄いずみ野線、つくばエクスプレス、東急東横線、東急目黒線、東急田園都市線、東急大井町線、東急池上線、東急多摩川線、東京モノレール、東武伊勢崎線、東武東上線、日暮里舎人ライナー、みなとみらい線、ゆりかもめ、りんかい線

■『NAVITIME for Slack』利用方法
SlackのAppディレクトリから「NAVITIME for Slack」をダウンロードしてください。
・SlackのAppディレクトリ:https://slack.com/intl/ja-jp/apps

■過去の関連プレスリリース
2019年7月2日 ナビタイムジャパンがSlackとの連携を開始 ~Slack向け乗換検索アプリ「NAVITIME for Slack」~
2020年2月12日 『NAVITIME for Slack』世界58エリアの乗換検索に対応。英語での検索も可能に。
2020年5月26日 「NAVITIME for Slack」「Amazon Alexa」「Google アシスタント」向けに駅の混雑予報を提供開始

「NAVITIME」は、株式会社ナビタイムジャパンの商標または登録商標です。
その他、記載されている会社名や商品名等は、各社の商標又は登録商標です。