プレスリリース/
お知らせ

年別一覧

『2020年度 グッドデザイン賞』ダブル受賞!

2020年10月1日


株式会社ナビタイムジャパン


『2020年度 グッドデザイン賞』ダブル受賞!

『ビジネスナビタイム動態管理ソリューション』と、
『安全運転支援サービス「スマイリングロード」の移動状況推定システムを利用した交通規則違反分析』


 株式会社ナビタイムジャパン(代表取締役社長:大西 啓介、本社:東京都港区)が提供する『ビジネスナビタイム動態管理ソリューション』と、損害保険ジャパン株式会社(代表取締役社長:西澤 敬二、本社:東京都新宿区)、SOMPOリスクマネジメント株式会社(代表取締役社長:桜井 淳一、本社:東京都新宿区)と共同で提供する『安全運転支援サービス「スマイリングロード」の移動状況推定システムを利用した交通規則違反分析』の2つが、「2020年度グッドデザイン賞(Gマーク)」(公益財団法人日本デザイン振興会主催)を受賞いたしました。

 このたびの受賞により、ナビタイムジャパンでは、2007年度『NAVITIME』、2016年度『トラックカーナビ』、『ナビタイムマイレージ』、2018年度『ナビタイム全国バスデータ整備プロジェクト』、2019年度『小学生との共創によるインバウンド地域づくり』、『カーナビアプリ×ドライブレコーダー』の受賞を含め、8つのサービスが「グッドデザイン賞」を受賞したことになります。

■受賞対象①
『ビジネスナビタイム動態管理ソリューション』(カテゴリー:19-04 業務用ソフトウェア)

『ビジネスナビタイム動態管理ソリューション』とは、複数の社用車を保有する配送事業者向けに、PCとスマートフォンを活用した動態管理とカーナビゲーションを提供するクラウド型運行管理サービスです。交通規制や道路情報、車両サイズなどを考慮した最適な巡回経路を自動で計算し、配送計画からカーナビゲーションまで、配送業務の効率化を支援し、増大する輸送量への対応等、物流業界の課題解決に貢献します。

グッドデザイン賞Webサイトでの紹介ページ
・審査会の評価コメント
Logistics companies have to deal with complex and dynamic traffic systems to plan effective and efficient routes. This software system has been proven through market use to deliver on that need. Application of design brings intuitive and easy usage, enabling people to manage and oversee the multiple vehicles. Here complexity becomes simplicity through good design.
・審査会の評価コメント(翻訳)
物流会社は、複雑かつ動的な交通システムを検討して効果的かつ効率的な経路を計画しなければならない。このソフトウェアシステムは、こうしたニーズに対応できることが市場での利用を通して証明された。デザインの活用により、直観的で簡単に使えるようになり、複数の車両の管理と監視が可能となった。良いデザインを通して複雑なものが単純化されたのである。
サービス紹介サイト

『ビジネスナビタイム動態管理ソリューション』.png

■受賞対象②
『安全運転支援サービス「スマイリングロード」の移動状況推定システムを利用した交通規則違反分析』(カテゴリー:19-04業務用ソフトウェア)

『安全運転支援サービス「スマイリングロード」の移動状況推定システムを利用した交通規則違反分析』とは、損害保険ジャパンが提供する法人向け安全運転支援サービス『スマイリングロード』を導入する企業向けの、通信機能付きドライブレコーダーを活用した走行診断サービスにて、位置情報を地図データと紐付けて位置補正を行う、ナビタイムジャパンのマップマッチング技術と連動し、交通違反が発生した可能性のある箇所の抽出ができる機能です。ドライバーごとに詳細な運転実態をフィードバックすることで無意識に行っていた「うっかり運転」を客観的に把握でき、安全運転支援につなげます。
今回、ナビタイムジャパン、損害保険ジャパン、SOMPOリスクマネジメントの3社共同でグッドデザイン賞に応募し、受賞いたしました。

グッドデザイン賞Webサイトでの紹介ページ
・審査会の評価コメント
ビッグデータは、ある視点を持って他のデータと掛け合わせたとき、その価値を最大限に発揮するときがある。本サービスは運転中のGPSデータと地図データという2つのデータを組み合わせることで、ドライバーの「うっかり運転」、すなわち無意識の交通違反を浮かび上がらせ、ドライバーにフィードバックをすることで事故削減という目に見える効果を上げることを可能にした。分析の精度を保つ核となる正確な道路状況把握のため、技術と人手による絶え間ないデータ更新の仕組みを構築している点も高く評価したい。
『スマイリングロード』紹介サイト
GPSとカーナビゲーションシステムを活用した「交通違反分析」紹介サイト

『「スマイリングロード」の交通規則違反分析』.png

■グッドデザイン賞とはg_type2020_d.jpg
1957 年創設のグッドデザイン商品選定制度を継承する、日本を代表するデザインの評価とプロモーションの活動です。国内外の多くの企業や団体が参加する世界的なデザイン賞として、暮らしの質の向上を図るとともに、社会の課題やテーマの解決にデザインを活かすことを目的に、毎年実施されています。受賞のシンボルである「Gマーク」は優れたデザインの象徴として広く親しまれています。詳細はこちらです。

また、毎年開催されるグッドデザイン賞受賞展「GOOD DESIGN EXHIBITION」は、新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点から中止となり、本年度は受賞プロモーションとして、特設Webサイト「GOOD DESIGN SHOW 2020」を公開いたします。公開期間は、10月1日(木)〜11月30日(月)までです。

「NAVITIME」「ビジネスナビタイム」は、株式会社ナビタイムジャパンの商標または登録商標です。
その他、記載されている会社名や商品名等は、各社の商標又は登録商標です。