プレスリリース/
お知らせ

年別一覧

法人向け店舗データ管理クラウドサービス『NAVITIME Location Cloud』を提供開始

2020年10月29日

株式会社ナビタイムジャパン


法人向け店舗データ管理クラウドサービス『NAVITIME Location Cloud』を提供開始

~最新の店舗情報を一元管理。外部メディアにも常に正確な店舗情報を掲載でき、SEO対策もサポート。~


 株式会社ナビタイムジャパン(代表取締役社長:大西 啓介、本社:東京都港区)は、2020年10月29日(木)より、多店舗チェーンを展開する事業者様向けに提供していた店舗案内サイト構築サービスをリニューアルし、自社サイトの店舗案内ページだけでなく、Googleや「NAVITIME」などの外部メディアへの店舗情報の連携・掲載も行える法人向け店舗データ管理クラウドサービス『NAVITIME Location Cloud』を提供開始いたします。

 本サービスでは、店舗の営業時間、アクセス情報、取り扱いサービス、開催するイベントやキャンペーン情報などを一元管理でき、ナビゲーションに付随して全国の地点データを自社で収集・運用している当社ならではの、日々変わるスポット情報の管理ノウハウで情報管理の手間を削減します。
 一元管理されたデータを元に、事業者様の自社メディアとして店舗検索サービスを自動で立ち上げることができ、検索エンジンが読み取りやすい構造化されたページ作成が可能です。また、当社の知見を生かした多様な地点検索技術(駅周辺、線路沿い、道沿いなど)をベースに、地点名称や「近くの~」などのローカル検索へのSEO対策も行えます。

 外部メディア連携では、Google My Businessと、約5100万MAUをもつ総合ナビゲーションサービス『NAVITIME』のサイト/アプリや、カーナビアプリ、インバウンド向けサイト/アプリなどの当社の展開する各種メディアに掲載されます。
 企業の自社サイトよりも、店舗名などを直接検索することが増え、プラットフォームとなる外部メディアがよく見られている中、お客様が目にする様々なタッチポイントで、常に最新・正確で魅力的な店舗情報を掲載できるようになります。

 昨今は、店舗の営業時間や営業形態、提供サービス等が日々変わることも多く、最新で正確な店舗情報管理の負担が課題となっています。ナビタイムジャパンでは、膨大なスポットの情報管理や、地点検索、経路探索エンジンなどの技術で、正確な情報を簡単に提供できるようにし、エンドユーザーの移動や店舗訪問までの体験をより快適なものにできるよう、事業者様をサポートできればと思っております。

■『NAVITIME Location Cloud』紹介サイト:https://www.navitime.co.jp/location-platform/

NLC全体像_サイト掲載用.png

■お問い合わせ先

 ナビタイムジャパン メディア事業部

 メール:media-business-team@navitime.co.jp

「NAVITIME」は、株式会社ナビタイムジャパンの商標または登録商標です。
その他、記載されている会社名や商品名等は、各社の商標又は登録商標です。