プレスリリース/
お知らせ

年別一覧

「Honda e」での移動をサポートする Honda アプリセンター向け『NAVITIME CONNECT for Honda』を提供

2020年11月4日


株式会社ナビタイムジャパン


ナビタイムジャパン、「Honda e」での移動をサポートする
Honda アプリセンター向け『NAVITIME CONNECT for Honda』を提供

~車両データを考慮した道沿い充電スタンド検索、スマホ向け『NAVITIME』と目的地情報の連携も~


 株式会社ナビタイムジャパン(代表取締役社長:大西 啓介、本社:東京都港区)は、2020年10月30日(金)に発売開始された 、本田技研工業株式会社(代表取締役社長:八郷 隆弘、本社:東京都港区)の電気自動車「Honda e(ホンダ イー)」で利用できる、Honda アプリセンター向け『NAVITIME CONNECT for Honda』を提供いたします。

プレスリリース_,メイン.png

<『NAVITIME CONNECT for Honda』紹介サイト >

 Honda アプリセンターは、Honda CONNECTディスプレーでご利用になれる、車内で役立つアプリを配信するサービスです。利用者はHondaアプリセンターからお好みのアプリをインストールしてご利用になれます。

 『NAVITIME CONNECT for Honda』は、「Honda e」車内で利用でき、車両データを考慮した、現在地周辺の駐車場や観光スポットの検索、クルマの電池残量から到達できるエリアの地図表示、道沿いにある充電スタンドの検索が可能なアプリです。「Honda e」の特徴である、2画面の大型タッチパネルモニター「ワイドスクリーン Honda CONNECT ディスプレー」への地図表示にも対応しています。車両側で取り扱われるデータとナビタイムジャパンの技術を組み合わせることで、より最適な位置とタイミングでの情報提示が可能になります。

 さらに、スマートフォン向け『NAVITIME』アプリと連携しており、乗車前に『NAVITIME』で調べた目的地を『NAVITIME CONNECT for Honda』に表示させたり、降車後も目的地情報をスマートフォンに引き継ぐことで、目的地までの徒歩・公共交通機関を利用したルート案内およびナビゲーションが可能です※。運転中だけでなく、乗る前、降りた後も、すべての移動シーンをサポートします。

 ナビタイムジャパンではこれまで、コネクテッドカーや通信カーナビ向けに、SDLやCarPlay等の対応を行ってきましたが、今回のような、車載機器に直接インストールされ、車両データとの連携も行うアプリケーションの提供は、ナビタイムジャパンとして初めてのことになります。

 ナビタイムジャパンは、今後も本サービスの向上に努めるとともに、さまざまなプラットフォームでの技術的支援を通じて、利用者が安心・安全に移動できる環境づくりに取り組んでまいります。

※ スマートフォン向け『NAVITIME』アプリのダウンロードが必要です。また、『NAVITIME』アプリのプレミアムコースにご登録の方はMy地点やルート履歴等を、『NAVITIME CONNECT for Honda』へ連携できます。

■サービスイメージ(『NAVITIME CONNECT for Honda』の各機能)

サービスイメージ(機能).png

■サービスイメージ(『NAVITIME』との連携機能)

サービスイメージ(連携).jpg

▶『NAVITIME CONNECT for Honda』紹介サイト

■コネクテッドカーや通信カーナビ向けの技術開発支援について

ナビタイムジャパンでは、コネクトテッドカーやオンラインサービス向けの各種サービスの開発にあたって、ナビタイムジャパンの地図やスポットデータ、ナビゲーション、渋滞情報、走行データなどをお客様の自社サービスで活用できる仕組みを、「NAVITIME CONNECT」として提供しています。コンシュマーサービスで蓄積された技術、サービス開発のノウハウをAPIとスマートフォン向けアプリケーション(APP)で提供します。
▶サービス紹介サイト

■お問い合わせ先

ナビタイムジャパン テレマティクス事業

Email:telematics-biz@navitime.co.jp

NAVITIME」は、株式会社ナビタイムジャパンの商標または登録商標です。
その他、記載されている会社名や商品名等は、各社の商標又は登録商標です。