プレスリリース/
お知らせ

年別一覧

『トラックカーナビ』、大型車の旋回実績を考慮したルート案内が可能に

2021年2月5日


株式会社ナビタイムジャパン


『トラックカーナビ』
大型車の旋回実績を考慮したルート案内が可能に


 株式会社ナビタイムジャパン(代表取締役社長:大西 啓介、本社:東京都港区)は、2021年2月5日(金)より、トラックドライバー専用『トラックカーナビ』にて、大型車の旋回実績を考慮したルート検索に対応いたします。

トラックカーナビ_旋回実績考慮.png

 旋回実績は、『トラックカーナビ』アプリのユーザーから取得された過去6ヵ月分の走行実績を活用し、トラックが旋回可能な曲がり角のデータを抽出して作成しています。車両の大きさ(車長・車幅)や通過ユニークユーザー数などから、内輪差、外輪差まで計算して導き出し、旋回できるかを判定したうえで、通れるルートを表示します。旋回実績に対応したルートは、ルート検索の「推奨」「無料優先」等すべての優先条件に適用されるため、ユーザーは特別な操作をしなくても利用することができます。

 近年、ドライバーを事故から守り、大型車に安心安全なルートを提供する必要性が、より高まっています。『トラックカーナビ』においても、実際には十分に旋回できる箇所であっても、より安全なルート(狭い道を案内しない、急な曲がり角を案内しない等)を優先して提案してきましたが、手前に旋回できる道路があっても考慮されず、遠回りのルートを提示することがありました。また、大型車は、一般乗用車と比べて車両が大きく、特に道幅の狭い道では電柱やポール、街路樹や枝葉など道路環境を把握する必要がありますが、これらの情報は地図データとして正確に整備することが困難でした。
 これらを補完するデータとして旋回実績データを活用し、トラックが安全に曲がれた実績のある道を適切に通すことで、安全性を満たしながら不要な遠回りのないルートを案内することが可能となりました。

 今後も『トラックカーナビ』は、ドライバーの皆さまに寄り添った機能拡充を行い、安心・安全な業務を支援できるよう、努めてまいります。

 なお、大型車の旋回実績を考慮したルート検索は、バス専用カーナビアプリ『バスカーナビ』でもご利用いただけます。

■旋回実績考慮前後の経路の一例

トラックカーナビ_旋回実績考慮前後の経路一例.png

■トラック専用カーナビアプリ『トラックカーナビ』について
2016年3月16日提供開始。高精度な到着予想時刻表示、車高・車幅・車長・大型車規制などと車両別に走行実績が多い道路を考慮したルート検索、複数の訪問先の最適訪問順の自動計算、大型車が駐車可能な施設検索など、トラックドライバー向けに特化した日本初のカーナビアプリです。
▶iOS
▶Android OS

■バス専用カーナビアプリ『バスカーナビ』について
2019年12月17日提供開始。高精度な到着予想時刻表示、車高・車幅・大型車規制などを考慮したルート検索、道路計画の作成や保存、大型車が駐車可能な施設検索など、大型バスドライバー向けに特化したカーナビアプリです。
▶iOS
▶Android OS

「NAVITIME」は、株式会社ナビタイムジャパンの登録商標です。
その他、記載の会社名または商品名等は各社の商標または登録商標です。