プレスリリース/
お知らせ

年別一覧

『NAVITIME』『ここ地図』「スポット周辺混雑情報」機能を提供開始

2021年4月1日

株式会社ナビタイムジャパン


『NAVITIME』『NAVITIME for auスマートパス』『NAVITIME forスゴ得』『ここ地図』
「スポット周辺混雑情報」機能を提供開始

目的地検索でスポットの混雑度を比較したり、当日や過去の混雑情報を見ながら、混雑を避けた移動を


 株式会社ナビタイムジャパン(代表取締役社長:大西 啓介、本社:東京都港区)は、2021年4月1日(木)より、総合ナビゲーションアプリ『NAVITIME』、『NAVITIME for auスマートパス』、『NAVITIME for スゴ得』、地図アプリ『ここ地図』にて、「スポット周辺混雑情報」機能を提供開始いたします。

 本機能は、KDDI株式会社(代表取締役社長:髙橋 誠、本社:東京都千代田区)の位置情報統計データを活用し、スポット周辺の混雑情報を表示する機能です。対象となるスポットは、「ナビタイム スポット検索ランキング」の上位から選んだ全国の約200スポットで、混雑情報データは、1時間ごとに更新されます。

 地点検索結果一覧画面では、混雑度を5段階のアイコンで表示します。複数のスポット周辺の混雑度を一覧しながら比較できるので、移動先を検討する際に、混雑しているスポットを避け、よりすいているスポットを選択することができます。

 地点詳細情報画面では、検索当日(線グラフ)とその1週間前(棒グラフ)の、1時間ごとの混雑情報を、重ね合わせてグラフで表示します。検索当日の混雑状況と、1週間前の混雑傾向から、すいている時間帯を選んで訪問するなど、混雑を避けた移動計画を立てることができます。

 外出前や到着前など、事前に目的地の混雑状況や傾向を確認できるので、混雑している場合は訪問先を変更したり、混んでいないことを確認してから訪問するなど、混雑を避けた移動をサポートいたします。

※ 「ここ地図」では、混雑度のアイコン表示と、地点検索結果一覧機能は対応しておりません。

スポット周辺混雑情報_サイト掲載.png

■KDDIの位置情報統計データについて
個別に同意を得たauスマートフォンの端末から定期的に蓄積するGPS位置情報などに、時間帯、標準地域メッシュなどの単位に加工および集計を施した統計データです。
 ・詳細はこちら

■『NAVITIME』について
徒歩、電車、バス、自転車、飛行機、車(タクシー)などの様々な移動手段を組み合わせたドアtoドアのルートを案内します。シェアサイクルを利用したルート検索や現在地周辺のスポット検索、有料特急電車や飛行機などの予約も可能です。その日、その時、その人に合った最適な移動をサポートする、トータルナビゲーションアプリです。
 ▶iOS
 ▶Android OS

『NAVITIME for auスマートパス』は、KDDI株式会社の提供する「auスマートパス」にて提供中のアプリです。
 https://play.google.com/store/apps/details?id=com.navitime.local.bunavitime.gl

『NAVITIME for スゴ得』は、株式会社NTTドコモの提供する「スゴ得コンテンツ」にて提供中のアプリです。
 https://www.dcm-b.jp/cs/cpsite.html?id=01cpn075001

■『ここ地図』について
今いる場所から行きたいところまでの所要時間と行き方を最少ステップ=最短時間で調べられる、シンプルで使いやすい地図アプリです。
 ▶iOS
 ▶Android OS

「NAVITIME」は、株式会社ナビタイムジャパンの商標または登録商標です。
その他、記載されている会社名や商品名等は、各社の商標又は登録商標です。