プレスリリース/
お知らせ

年別一覧

『NAVITIME』『乗換NAVITIME』フリーパス区間を考慮した運賃表示に対応

2021年7月29日


株式会社ナビタイムジャパン


『NAVITIME』『乗換NAVITIME』
フリーパス区間を考慮した運賃表示に対応


 株式会社ナビタイムジャパン(代表取締役社長:大西 啓介、本社:東京都港区)は、2021年7月29日(木)より、『NAVITIME』(アプリ※1、Web)および『乗換NAVITIME』(アプリ)で提供している「フリーパス検索」機能において、フリーパスの区間を考慮した運賃表示に対応します。

「フリーパス検索」機能は、使用するフリーパスを選択し、ルート検索を行なった際に、鉄道やバス事業者などが提供するお得な乗車券で利用できる列車や路線を優先したルートを検索できる機能です。

 今回の対応により、フリーパスの区間を考慮した運賃表示に対応し、フリーパス区間をのぞいた運賃を表示できるようになります。フリーパスを利用する場合としない場合の運賃比較を簡単に行うことができます。

 これまではフリーパスを優先したルートであっても普通運賃が表示されていましたが、今回、運賃計算のアルゴリズムのチューニングを行い、正確な運賃表示が可能となりました。

 運賃表示に対応するフリーパスは、2021年7月29日(木)時点で「青春18きっぷ」「都電一日乗車券」「東京メトロ24時間券」「都営地下鉄・東京メトロ共通一日乗車券」の4種で、今後も対応券種を拡大していきます。※2

 ナビタイムジャパンは今後も、ナビゲーションサービス上での情報の充実を図り、更なるサービス向上に努めて参ります。

※1 2021年7月29日(木)時点では、Android OSのみ対応。iOS『NAVITIME』にも順次対応してまいります。
※2 「フリーパス検索」機能では、28種のフリーパスを考慮した「優先ルート検索」をご利用いただけますが、「運賃表示」に対応しているのは2021年7月29日(木)時点では4種のみとなります。

※ 2021年8月2日(月)追記 iOS『NAVITIME』での対応が完了したため、対応サービス一覧にiOS『NAVITIME』のURLを追加しました。

①NAVITIME_アプリ_画面.png

ルート検索画面にて、フリーパスを利用する場合としない場合の運賃比較ができる

②NAVITIME_PC_画面.png

③乗換NAVITIME_アプリ_画面.png

■サービスURL
『NAVITIME』
▶Android OS           
▶Web(PC・スマホ共通)
▶iOS

『乗換NAVITIME』
▶Android OS      
▶iOS      

NAVITIME」は、株式会社ナビタイムジャパンの商標または登録商標です。
その他、記載されている会社名や商品名等は、各社の商標又は登録商標です。