プレスリリース/
お知らせ

年別一覧

富士五湖周辺エリアで観光型MaaS「手ぶら観光サービス」実証実験を開始

2021年10月27日

パナソニック システムソリューションズ ジャパン株式会社
パナソニック株式会社 コネクティッドソリューションズ社
富士急行株式会社
株式会社ナビタイムジャパン


富士五湖周辺エリアで観光型MaaS「手ぶら観光サービス」実証実験を開始
国内初、顔認証を活用した周遊eチケットで複数の観光施設と交通機関をシームレスに融合
~エリア全体の回遊性向上と非接触で安心・安全な観光の両立を実現~


01_03手ぶら観光サービス.png

 パナソニック システムソリューションズ ジャパン株式会社、パナソニック株式会社 コネクティッドソリューションズ社(以下、パナソニック*)、富士急行株式会社(以下、富士急行)、株式会社ナビタイムジャパン(以下、ナビタイムジャパン)は、「富士山エリア観光DX革新コンソーシアム」を立ち上げ、富士五湖周辺エリア全体の回遊性を向上する観光型MaaS「手ぶら観光サービス」の実証実験を行います。周遊eチケット『富士五湖 顔認証デジタルパス』で、エリア内に点在する複数の観光施設と交通機関(周遊バス・鉄道)における入場や決済が、顔一つでシームレスに利用できるため、子どもからお年寄りまで快適に観光をお楽しみいただけます。(国内初注1)
 なお『富士五湖 顔認証デジタルパス』は、AIによる来場者予測に基づくダイナミックプライシングで販売します。

【周遊eチケット】

名称 『富士五湖 顔認証デジタルパス』
対象期間 2021年11月1日(月)~12月31日(金)
利用期間 対象期間中、チケット購入時に指定した日とその翌日の2日間有効
販売価格 ダイナミックプライシングにより変動(税込)
大人(中学生以上):6,300円~10,000円
小人(小学生)  :4,600円~7,300円
販売開始 2021年10月27日(水) 12:00開始
購入方法 こちらをご覧ください


 本実証実験は、観光庁が主導する「これまでにない観光コンテンツやエリアマネジメントを創出・実現するデジタル技術の開発事業」の一環で、後援として、富士吉田市、富士河口湖町、鳴沢村、忍野村、山中湖村、一般社団法人富士五湖観光連盟が参画します。


■背景
 富士五湖周辺エリアは、富士山を中心とした豊かな自然と多くの観光スポット(施設・名所)を有する日本を代表する観光地です。しかし観光スポットが広範囲にそれぞれ点在しているため、特定の場所だけを訪れて帰る観光客が多く、このエリアの持つ魅力を最大限に活かしきれていないことが長年の課題でした(平均訪問観光地点数1.3カ所/1人当たり注2)。さらに、昨今の新型コロナウイルス感染拡大の影響で観光客数も減少しており、感染症対策と両立しながら、コロナ禍の観光需要を回復することが急務となっています。

■目的
 本実証実験では、観光客が一度の旅行でより多くの観光スポットを訪問できるよう、顔認証と周遊eチケットを融合した「手ぶら観光サービス」で、各観光施設と交通手段(周遊バス・鉄道)をシームレスにつなぎます。顔認証を活用することで紙のチケットやスマートフォンの提示が不要になるため、エリア全体のスムーズな移動による回遊性向上と、非接触で安心・安全な観光の両立を実現します。また、本実証実験で蓄積されたデータ(入場ログ等)を活用し、対象施設への利益配分を実現する新たな地域観光モデルの構築も目指します。

04_05手ぶら観光サービス.png


<『富士五湖 顔認証デジタルパス』で利用可能なサービス>
顔認証による観光施設の入場(全9カ所)
 ・富士急ハイランド(FUJIYAMAタワー含む)
  ※アトラクション乗り放題のフリーパス1日券付き、アトラクションも顔認証で乗車可能
 ・フジヤマミュージアム
 ・ふじやま温泉
 ・富士山パノラマロープウェイ
 ・河口湖遊覧船
 ・富岳風穴
 ・鳴沢氷穴
 ・忍野 しのびの里
 ・山中湖遊覧船
  *富士急ハイランドのフリーパスは1日のみ有効です。
  その他の施設のご利用は有効期限内であれば何度でも可能です。(利用料金込み

顔認証による交通機関の乗車(周遊バス・鉄道)
  *有効期限2日間何度でも利用可能、乗車代は『富士五湖 顔認証デジタルパス』代金に含む
 ・周遊バス(4路線)
  河口湖周遊バス(レッドライン)、西湖周遊バス(グリーンライン)、
  鳴沢・精進湖・本栖湖周遊バス(ブルーライン)、富士吉田・忍野・山中湖周遊バス(ふじっ湖号)
 ・富士急行線(鉄道5駅)
  河口湖駅~下吉田駅間
  ※河口湖駅、富士急ハイランド駅:最先端の顔認証技術を活用したウォークスルー型の顔認証改札

顔認証決済 
 利便性の向上、会計時間の短縮による待ち時間の削減で、ストレスフリーな決済を実現
 *購入費用は『富士五湖 顔認証デジタルパス』代金に含まれません
 ・対象店舗(4店舗)
 富士急ハイランド内売店「SHOP FUJIYAMA」、富士急ハイランド高速バスターミナル売店、河口湖駅売店「Gateway Fujiyama」、忍野しのびの里売店

旅程プランニング
 事前の情報収集や旅行計画表の作成までを簡単に行うことができるおでかけサポート

観光施設情報
 写真付きの観光情報を一覧で表示

経路検索
 旅行中の移動に使う交通機関(周遊バス・鉄道)の経路検索機能

レコメンド配信(割引クーポンなど)
 自動配信による周辺施設のお得情報の入手、割引クーポンの活用(顔認証入場時)

リアルタイム混雑情報表示
 観光施設や周遊バスの混雑情報リアルタイム表示による最適なルート選択

06ぶら観光サービス.png

<周遊eチケットのダイナミックプライシング>
過去の入場者数や天気予報などデータに基づいたAIによる来場者予測で、チケット価格を変動
観光プランの選択肢が拡大

■「手ぶら観光サービス」 実証実験 概要

実証期間 2021年11月1日(月)~12月31日(金)
対象エリア 富士五湖周辺エリア
サービス内容

周遊eチケット『富士五湖 顔認証デジタルパス』による、観光施設入場、
交通機関乗車、顔認証決済、顔認証チェックイン支援、観光施設情報表示、
旅程プランニング、経路検索、レコメンド(割引クーポン等)配信、混雑情報表示

対象施設

07ぶら観光サービス.png

※富士急ハイランドのフリーパスは1日のみ有効
その他の施設のご利用は有効期限内であれば何度でも可能(利用料金込み)

以下の顔認証サービスも利用可能 
※周遊eチケット『富士五湖 顔認証デジタルパス』代金には含まれません
08ぶら観光サービス.png

利用方法

① 「富士急ハイランド公式アプリ」をダウンロードする
② アプリ内の専用ページから
・周遊eチケット『富士五湖 顔認証デジタルパス』の購入と顔画像の登録
・顔画像とクレジットカード情報を含む本人情報を登録(顔認証決済)

※富士急ハイランド公式会員サービス「CLUBフジQ」
(100万人超の既存会員、登録無料)への登録が必要となります
※詳しくは、こちらをご確認ください


■本実証実験における各社の役割

パナソニック 複数の観光施設・交通機関の利用や決済を共通のIDで顔認証利用できる統合ID管理機能、鉄道駅での顔認証改札、周遊eチケットのダイナミックプライシング、利用者の位置情報などに応じたレコメンド配信機能、各観光施設の混雑可視化機能の技術開発
富士急行 周遊eチケットの販売、富士五湖周辺エリアの対象観光施設や交通機関の運用、スマートフォン用アプリ「富士急ハイランド公式アプリ」に専用ページの作成および「富士五湖周遊モード」の実装
ナビタイムジャパン

旅程プランニング機能や、交通機関(周遊バス・鉄道)の経路検索機能、周遊バスの混雑可視化機能の技術開発

 本実証実験は観光庁の観光DX推進に向けた技術開発及び地域観光モデル構築事業「これまでにない観光コンテンツやエリアマネジメントを創出・実現するデジタル技術の開発事業」として実施します。
 ▶観光庁の観光DX取り組み紹介Webサイト
 ▶note
 ▶twitter

 今後4社は、本実証実験の結果を活用し、更なる観光消費・滞在時間の最大化に向けた新たな地域観光モデルの構築を実現していく予定です。

 なお顔画像データに関しては、個人情報保護法や関連法令に則り、富士急行株式会社及びパナソニック システムソリューションズ ジャパン株式会社が、入手時にご利用者の事前了解を得た上で、厳格な管理の上で運用します。

注1)パナソニック調べ。(2021年10月27時点)
注2)平成30年山梨県観光入込客統計調査 平均訪問観光地点数
注3) 2017年4月28日に公開されたNIST公式の評価レポート(IJB-A Face Verification Challenge Performance Report、IJB -A Face Identification Challenge Performance Report)において世界最高水準の評価を得た後もさらなる顔認証技術の強化で認証精度向上とエラー削減を続け、NIST「FRVT 1:1」(2021年8月2日発行)の「Ongoing Face Recognition Vendor Test」においても、世界最高水準の評価結果を得ています。

■パナソニックの「顔認証」技術について
 ▶Webサイト 
 パナソニックの「顔認証」技術は、ディープラーニングを応用した世界最高水準注3の顔認証技術です。顔の向きや経年変化、メガネ・マスクなどにも影響されにくく、快適にご利用いただけます。 パナソニックは、これまでにも空港での厳格かつ円滑な本人確認や、アミューズメントパークでのチケットレス入退場、店舗でのキャッシュレス決済、オフィスでのICカードレス入退室などで、顔認証技術を応用したシステムを展開してきており、1日10万回超の固有の顔認証を達成してきました(パナソニック調べ)。この間、世界最高水準の顔認証技術と、現場での使いやすさを追求し、顧客企業等との実証実験を重ねて実現したUXデザインとの融合により、オフィスでの入退室を安心・安全かつ効率化することに貢献してきました。
 2018年には富士急ハイランドにパナソニックの顔認証技術を活用した入退場システムが導入され、入退場、アトラクション利用あわせて 延べ約3,200万回利用いただいています。パナソニックは今後も、顔認証の技術を基盤として、観光や鉄道、空港、スマートシティなど、様々な業界に向けてユーザーと運営側の利便性を向上する仕組みを提供してまいります。

■各社の会社概要
 ▶こちらをご確認ください。

「NAVITIME」は、株式会社ナビタイムジャパンの商標または登録商標です。
その他、記載されている会社名や商品名等は、各社の商標又は登録商標です。