プレスリリース/
お知らせ

年別一覧

フィールド業務支援ツール『NAVITIMEルート計画サポーター』を提供開始

2021年12月17日

株式会社ナビタイムジャパン


道路整備・路面調査・保守業務をサポートする、フィールド業務支援ツール
『NAVITIMEルート計画サポーター』を提供開始

アジア航測(株)との実証実験で有効性を確認、日本初※の道路を指定した巡回ルート検索で効率化を支援


 株式会社ナビタイムジャパン(代表取締役社長:大西 啓介、本社:東京都港区)は、法人向けのフィールド業務支援ツール『NAVITIMEルート計画サポーター』を、2021年12月17日(金)より提供開始いたします。

<紹介サイト https://routeplan.navitime.co.jp

ルート計画サポーター_メイン画像.png

 『NAVITIMEルート計画サポーター』は、道路整備・路面調査・保守業務などを担う事業者向けに、走行計画の作成、スマートフォンを活用した車両位置管理、およびカーナビゲーションで、業務効率化を支援するWebツールです。走行計画の作成ツールにおいて、日本初となる、道路を指定して最適な順序で巡回するルート検索機能を提供します。

 また、本サービスは、オンライン上で業務状況をリアルタイムに確認でき、走行中に調査結果を入力したり、走行後にどの道路を走ったかの履歴を出力して報告書を作成することも可能です。Webアプリケーションで提供するため、PCやスマートフォンがあれば、複雑なシステムや専用機器を導入することなく簡単に利用できます。

 道路整備や路面調査においては、調査対象の道路をもれなく巡回する必要があります。一方、従来の宅配業務等で用いられる汎用ツールの巡回ルート検索では、地点を対象に巡回ルートを算出するため「通りたい道」を指定できず、道路調査等の走行計画の作成には適用できないケースがありました。このため、計画作成の一部に人手が発生し、作業量の増加や人的ミスが課題となっています。具体的には、紙地図で走行計画を作成する際の印刷や取りまとめが手間、地図が古く調査対象道路を現地で探すのが難しい、調査時間の見積もりが複雑、土地勘がないことで一方通行を逆走しそうになり非効率な走行となる、などといった事象が散見されます。

 2020年10月より約1年間、2度にわたり、空間情報コンサルタントの大手であるアジア航測株式会社(代表取締役社長:畠山 仁、本社:東京都新宿区)と実証実験を行い、本ツールの有効性の検証を行いました。検証の結果、経路検索や調査日数の計算を自動化できること、走行結果が電子データとしてツールに記録されるため走行もれが改善されること、走行計画作成全体における作業時間が大幅に短縮されることなどが分かりました。実証実験を通じて、今後も業務効率化を支援するツールとして有効であることを確認できたため、今回の正式リリースに至りました。

 今後、『NAVITIMEルート計画サポーター』は巡回ルート検索技術などを活用した機能拡張を行うとともに、道路整備・路面調査・保守業務のほかに、調査業務や定常業務など、ルート計画段階で課題をお持ちの事業者様に対して課題解決を行って参ります。

※2021年12月17日、株式会社ナビタイムジャパン調べ。

■『NAVITIMEルート計画サポーター』の主な機能と特長
①ルート計画の作成※日本初、道路を指定した最適な巡回ルート検索
地図上で複数地点や道路をクリックで指定すると、その地点や「走りたい道路」をつないだ最適な巡回ルートを作成できます。今後は各道路に対して到着時刻と滞在時刻の設定や、車両サイズ(車/トラック/バイク)も考慮したルート検索も実装予定です。複数地点、道路を効率的に巡回できます。

ルート計画サポーター_01.png

②計画したルートをスマホでナビゲーション
事前に計画したルートをスマートフォンで呼び出して、現地までのナビゲーション(音声案内)を利用できます。Webナビの技術を採用しているため、アプリのインストールは不要です。また、ナビゲーション中にスマートフォンの画面から調査結果のステータス入力を行うことも可能です。

ルートサポーター_02.png

③走行結果をWebから出力
調査時の走行ログや記録した調査結果の情報は、KMLなどの形式でWebツールから確認・出力することができ、納品の手間を削減できます。

ルート計画サポーター_03.png

<アジア航測株式会社との実証実験概要>
本実験は、PCで走行計画を作成して、GPSを搭載したスマートフォン端末をアジア航測の道路調査車両に設置、走行計画をもとにナビゲーションを表示して、本ツールを用いた走行調査を実施するものです。実利用にあった機能開発とチューニングを行いながら、本ツールの機能性や操作性を確認して、各機能の有効性を確認・検証しました。

実験期間 2020年10月16日~2021年9月30日まで
実証結果 ・現地での調査日数を精度高く把握(確度の高い計画立案)
・宿泊地選定と宿泊地に応じた経路検索が容易
・現地で予定が変わった場合の変更が容易(スマートフォンで操作可能)
・走行もれの防止(走行済み、未走行情報の把握が容易で、共有可能)
・走行履歴の出力が可能

実証実験を通じて、今後も業務効率化を支援するツールとして有効であることを確認できたため、今回の正式リリースに至りました。

■『ルート計画サポーター』について
道路調査や点検業務を運営する法人企業様向けに、走行計画の作成、スマートフォンを活用した車両位置管理、およびカーナビゲーションを提供する、走行調査を効率化する計画支援ツールです。本ツールはWebブラウザで使えるため、専用機器の購入は不要で、パソコンやスマートフォンがあれば簡単に、走行計画の作成からナビゲーションまでの機能を利用できます。日本初の道路を指定した巡回ルート検索が可能な走行計画が特長です。
▶紹介サイト

■サービスの利用に関するお問い合わせ先
株式会社ナビタイムジャパン テレマティクス事業
Email:telematics-biz@navitime.co.jp

「NAVITIME」は、株式会社ナビタイムジャパンの商標または登録商標です。
その他、記載されている会社名や商品名等は、各社の商標又は登録商標です。