プレスリリース/
お知らせ

年別一覧

ツーリングルートの作成&共有『ツーリングサポーター』Webサイトを提供開始

2022年4月28日

株式会社ナビタイムジャパン


ツーリングルートの作成&共有ができる新サービス
PC向け『ツーリングサポーター』Webサイトを提供開始

~スマートフォン向けアプリと連携したナビゲーションも可能。
第一弾では、自分のルートを作成・管理できる機能を提供~


 株式会社ナビタイムジャパン(代表取締役社長:大西啓介、本社:東京都港区)は、2022年4月28日(木)より、PC向け『ツーリングサポーター』Webサイトを提供開始いたします。第一弾では自分のルートを作成・管理できる機能を提供し、今後はユーザー間の共有機能を提供していく予定です。

<『ツーリングサポーター』WebサイトURL https://web.moto.touring.navitime.jp/

 本サービスは、地図上でツーリングルートの作成&共有が可能なPCサイト※1です。作成したルートは保存でき、後から検索することもできます。本サービスは無料でご利用になれます。

『ツーリングサポーター』Webサイト_サービスイメージ.png

 ツーリングルートは、地図上で出発地と目的地をワンクリックもしくはフリーワードで設定するだけで作成できます。最大8箇所までの経由地を追加したり、入れ替えることも可能です。スマートIC、ETC料金、フェリー、細道回避、タンデム規制、当社独自技術によるバイクの排気量を考慮したルート検索※2にも対応しています。作成したルートは保存でき、後からいつでもルートの形状やガイド情報を確認することができます。

 さらに、NAVITIME ID※3をお持ちの方であれば、PCで作成・保存したルートを、スマートフォン向けアプリ『ツーリングサポーター』から見ることができ、そのまま音声ナビゲーションができます。NAVITIME IDは無料で登録いただけます。

 この度の対応では、PCの大画面で見やすく簡単な操作でルートを作成できるように、操作性やユーザーインターフェースを工夫しました。週末のツーリングに向けて、PC上でじっくりツーリング計画を練ってもらい、計画したツーリングルートは保存しておくことで、スマートフォン向けアプリと同期できるので、ツーリング当日に呼び出して、最新の交通情報でナビゲーションを開始することができます。

 今後は、自分の作成したルートの管理機能に加えて、ログ機能や、他のユーザーが作成したルートを閲覧できるなど共有機能の拡充を検討しています。より幅広くツーリングを楽しんでいただける機能拡充に努めてまいります。

※1 ルートの作成、保存はスマートフォンブラウザではご利用になれません。
※2(2017年9月28日プレスリリース)『ツーリングサポーター』、排気量を考慮したルート検索が可能にhttps://corporate.navitime.co.jp/topics/pr/201709/28_4227.html
※3 有料会員状態の方も、NAVITIME IDをお持ちでない方は新たにご登録が必要となります。

■対応背景
ナビタイムジャパンでは、2014年よりバイク専用ナビゲーションアプリ『ツーリングサポーター』を提供し、バイクの通れるルートを案内するための道路交通情報や、駐輪場など地点情報の整備、ツーリングコース情報の拡充など、ユーザーのご意見・ご要望をもとに機能開発を行ってまいりました。
PCサイトでのルート作成に関しては、以前よりユーザーから多くの要望をいただいておりました。2021年3月に実施したユーザーアンケートでPCサイトに対するニーズ調査を行ったところ、7割以上の方から「とても使いたい」「あれば使いたい」と回答があり、今回の開発に至りました。

ツーリングサポーター_ユーザーアンケート結果.png

■PC向け『ツーリングサポーター』WebサイトURL
https://web.moto.touring.navitime.jp/

■スマートフォン向け『ツーリングサポーター』アプリ
ツーリングの計画から、走行時のナビゲーション、ツーリングログ・カスタマイズ・メンテナンスの記録などができる、バイク専用ナビゲーションアプリです。タンデム規制や排気量を考慮したルート検索、全国のおすすめツーリングロードの紹介も搭載しています。

『ツーリングサポーター』ダウンロード
 ▶iOS 
 ▶Android OS 


※「NAVITIME」「ツーリングサポーター」は、株式会社ナビタイムジャパンの商標または登録商標です。
※その他、記載されている会社名や商品名等は、各社の商標又は登録商標です。