プレスリリース/
お知らせ

年別一覧

駐車場データを拡充し、登山口の駐車場に対応

2022年6月13日

株式会社ナビタイムジャパン


ナビタイムジャパン、駐車場データを拡充し、登山口の駐車場に対応

〜登山口の情報も加わり、全国の様々な種類の駐車場に対応~


 株式会社ナビタイムジャパン(代表取締役社長:大西 啓介、本社:東京都港区)は、『カーナビタイム』、『トラックカーナビ』、『NAVITIME』等のコンシューマー向けナビゲーションサービスや法人向けサービスにて提供している駐車場データを拡充し、2022年6月13日(月)より、新しく登山口の駐車場に関する情報を提供開始いたします。本対応により、ナビタイムジャパンのサービスが提供する駐車場データは、全国10万件以上となります。

press_parking (2).png 駐車場データには、時間帯ごとの料金や最大料金、車両制限、収容台数、設置場所(立体/平地)、収納方法(自走/機械)などの駐車場に関する様々な情報を含み、ナビタイムジャパンでは最新の情報を提供できるよう、データの更新に努めています。これまでも一般的な駐車場だけでなく、路面駐車場(パーキングメーター)や、車中泊等のアウトドア向け駐車場、バイク専用駐車場、自転車駐輪場、観光バス駐車場など、多様な駐車場に対応してまいりました。

 昨今屋外レジャーの需要が増加している背景を受け、この度全国の登山口の駐車場データにも対応し、トイレの有無や道路が舗装されているかどうかといった情報も提供いたします。登山計画から当日のナビゲーションまで便利にご活用いただければと思います。

 今後もナビタイムジャパンでは、駐車場データを拡充し、ナビゲーションサービスの品質向上に努め、快適な車移動をサポートできればと考えております。

イメージ画像_駐車場データ拡充.png

■ ナビタイムジャパンの駐車場データについて
 駐車場のデータ拡充には、一般的な駐車場に加えて、バイクなど特定車両やアウトドアに特化した情報を受領したり、中小規模の駐車場や個人が運営する駐車場に直接問い合わせたり、大型車が駐車可能な施設の情報を独自で収集しています。一つひとつの駐車場に対して、出入り口の位置調査や住所情報から緯度経度を補完するなど、正確な情報を対象サービスに反映するよう工夫し、よりスムーズなナビゲーションサービスの提供を実現しています。

 更に、事前予約が可能な駐車場やリアルタイム満空情報を確認できる駐車場などの情報も増やし、ナビゲーションサービスの利用者にとってより利便性が高い機能を提供しています。

 また、コンシューマー向けサービスだけでなく、法人向けサービスにも対応し、例えば自動車メーカーが提供するコネクテッドカー向けサービスと連携し、サービス開発のサポートに繋がっています。

<全国駐車場データ対応サービス一覧>
・コンシューマー向けサービス
『カーナビタイム』『NAVITIMEドライブサポーター』『トラックカーナビ』『バスカーナビ』『ツーリングサポーター』『自転車NAVITIME』『NAVITIME』(アプリ)『NAVITIME』(PC/スマートフォンサイト)『乗換NAVITIME』『バスNAVITIME』『ここ地図』『NAVITIME for Japan Travel』『AiRCAM』『ACTIVITY MAP by NAVITIME』『NAVITIME Travel』『auカーナビ』『au助手席ナビ』『auナビウォーク』
・法人向けサービス
『NAVITIME API』『NAVITIME CONNECT』『ビジネスナビタイム動態管理ソリューション』『ビジネスナビタイム交通費精算パッケージ』

※サービスによって、登山口の駐車場データなど一部データに未対応なものがあります。

「NAVITIME」「カーナビタイム」「ドライブサポーター」「ツーリングサポーター」「AiRCAM」「ビジネスナビタイム」は、株式会社ナビタイムジャパンの商標または登録商標です。
「auカーナビ」「au助手席ナビ」「auナビウォーク」は、KDDI株式会社の商標又は登録商標です。
その他、記載されている会社名や商品名等は、各社の商標又は登録商標です。