プレスリリース/
お知らせ

年別一覧

『NAVITIME』にて、「駅混雑予報」を提供開始

2020年7月22日

株式会社ナビタイムジャパン


『NAVITIME』にて、「駅混雑予報」を提供開始

~全国の駅に対応。その日の混雑状況の変化を確認可能に~


 株式会社ナビタイムジャパン(代表取締役社長:大西 啓介、本社:東京都港区)は、2020年7月22日(水)より、総合ナビゲーションアプリ『NAVITIME』にて、「駅混雑予報」を提供開始いたします。

プレス用画像_駅混雑.png

 「駅混雑予報」は、駅の詳細画面において、1時間ごとの混雑情報を2つのグラフで表示する機能です。棒グラフ(青)では、ナビタイムジャパンが提供するサービス内で、過去一定期間の駅検索数の集計データをもとに表示し、折れ線グラフ(オレンジ)では、その日検索されたデータをもとに、現在時刻の2時間前までを表示しています。本機能は全国の駅に対応し、1時間ごとに更新されます。ご利用は無料です。

 今回の対応により、棒グラフから、普段の混み具合を確認して少しでも空いている時間帯を選択したり、折れ線グラフでリアルタイムに近い混雑状況を確認してから、最寄駅が混雑している場合はひと駅ずらしたりするなど、お客様自身で混雑を回避することが可能です。また、2種類のグラフを重ねて表示することで、いつもと比べて今どのぐらい駅が混雑しているかを視覚的に把握することができます。安全かつ快適に移動する際の一助として、「駅混雑予報」をご活用いただければと思います。

 また、同日より、ルート詳細画面から、そのルートの出発/到着駅、経由駅、電車の混雑度を一覧でご覧いただけます。

 今後もナビタイムジャパンでは、安心・安全な移動をサポートできるよう精度の向上に取り組み、お客さま一人ひとりの快適な移動の実現のため、更なるサービスの向上に努めてまいります。

※ 検索データによって、一部の駅にて「駅混雑予報」が表示されない場合もあります。

0722サービスイメージ画像.png

■『NAVITIME』の電車混雑緩和に関するプレスリリース
2016年4月19日「電車混雑予測」を大幅リニューアル!ルート検索結果に混雑アイコンを表示、空いている電車を選べるように
2017年3月16日世界初!「電車混雑回避ルート」を提供開始
2017年6月23日『東急線アプリ』『NAVITIME』『乗換NAVITIME』で「車両別混雑度表示」機能の提供を開始
2020年6月18日『NAVITIME』にて「混雑エリアマップ」を提供開始

■『NAVITIME』について
徒歩、電車、バス、自転車、飛行機、車(タクシー)などの様々な移動手段を組み合わせたドアtoドアのルートを案内します。シェアサイクルを利用したルート検索や現在地周辺のスポット検索、有料特急電車や飛行機などの予約も可能です。その日、その時、その人に合った最適な移動をサポートする、トータルナビゲーションアプリです。
・価格:ダウンロード無料。「プレミアムコース」は月額300円(税抜)~です。
・ダウンロード:iOSAndroid OS

「NAVITIME」は、株式会社ナビタイムジャパンの商標または登録商標です。
その他、記載されている会社名や商品名等は、各社の商標又は登録商標です。