プレスリリース/
お知らせ

年別一覧

『カーナビタイム』、「ゾーン30」エリアの地図表示に対応、回避ルート検索も

2021年7月29日

株式会社ナビタイムジャパン


『カーナビタイム』
「ゾーン30」エリアの地図表示に対応、回避ルート検索も

地図上でエリアを可視化し、進入時の音声発話と合わせて、通学路や住宅街での歩行者の安全をサポート


 株式会社ナビタイムジャパン(代表取締役社長:大西啓介、本社:東京都港区)は、2021年7月29日(木)より、カーナビアプリ『カーナビタイム』にて、最高速度30㎞/hの規制区域「ゾーン30」エリアの地図表示に対応いたします。あわせて、エリア進入時の音声発話や、「ゾーン30」を回避したルート検索も提供開始いたします。

 「ゾーン30」は、生活道路における歩行者等の安全な通行のために、最高速度30km/hの速度規制などがされているエリアです。
地図上で、「ゾーン30」のエリアを緑色で表示し、可視化することで、ドライバーの「ゾーン30」の認知向上や、速度抑制を促します。

 走行中に「ゾーン30」に進入した場合には、画面上へのアイコン表示と、「ここからゾーン30に入ります。ご注意ください。」と音声発話をし、ドライバーに注意を促します。速度超過をしてしまった場合にも、音声とアイコン表示で警告します。

 また、「ゾーン30」を回避したルート検索も提供します。ナビゲーション条件設定画面で「積極回避」「回避」「回避しない」から選択できます。ドライバーには、より運転しやすいルートを案内するとともに、「ゾーン30」エリア内の通行量の抑制にも貢献します。

 『カーナビタイム』は、仕事での利用/仕事とプライベート両方での利用をしているユーザーが約5割と多く、中型車や大型車、タクシーなどの商用車など、多くのプロドライバーの方にもご利用いただいています。タクシードライバーや配送ドライバーは、住宅街や通学路などの生活道路を走行する機会も多いため、本機能により、安全な速度での走行や、周囲への注意を促して安全運転をサポートし、ドライバーだけでなく、歩行者にとっても安全な環境づくりに貢献したいと思っております。

 なお、「ゾーン30」走行時の注意喚起と、「ゾーン30」を回避したルート検索は、2016年12月より、トラック専用カーナビアプリ『トラックカーナビ』でも提供しております。

 今後は、『NAVITIMEドライブサポーター』でも、本機能を提供予定です。また、「ゾーン30」以外にも歩行者や自転車の多い道路を避けたり、通行する場合には注意喚起できる機能も検討してまいります。

【サービスイメージ】

carnavitime_zone30.png

■「ゾーン30」とは
生活道路における歩行者等の安全な通行を確保することを目的として、区域(ゾーン)を定めて最高速度30㎞毎時の速度規制を実施するとともに、その他の安全対策を必要に応じて組み合わせ、ゾーン内における速度抑制や、ゾーン内を抜け道として通行する行為の抑制等を図る生活道路対策です。

■関連プレスリリース
2016年12月20日 『トラックカーナビ』最高速度規制区域「ゾーン30」を回避したルート検索が可能に
2020年7月10日 『カーナビタイム』プロドライバーやヘビーユーザー向けの「プレミアムプラス」コースを新設
2021年4月14日 『カーナビタイム』、タクシードライバー向け機能を大幅に拡充

●通信圏外でも使える本格派カーナビアプリ『カーナビタイム』
オフラインでも使える本格派カーナビアプリです。リアルタイム渋滞情報や、独自のノウハウを活かした「超渋滞回避ルート」、ドライブレコーダー、プロドライバー向け機能など多数の先進機能を搭載しています。
 ▶iOS
 ▶Android OS

※「NAVITIME」「カーナビタイム」は、株式会社ナビタイムジャパンの商標または登録商標です。
※その他、記載されている会社名や商品名等は、各社の商標又は登録商標です。