プレスリリース/
お知らせ

年別一覧

大規模イベントに伴う首都高速道路の交通規制による影響分析を発表

2021年9月9日

株式会社ナビタイムジャパン


大規模イベントに伴う首都高速道路の交通規制による影響分析を発表

~交通規制によって高速道路から一般道に転換し、一般道の交通量が増え、走行時間が増加~


 株式会社ナビタイムジャパン(代表取締役社長:大西 啓介、本社:東京都港区)の交通コンサルティング事業は、2021年7月19日(月)~8月9日(月)および2021年8月24日(火)~9月5日(日)まで実施された首都高速道路の交通規制に伴う交通影響調査を発表いたします。

 これまでにも交通コンサルティング事業では、新規開通道路における開通効果分析や、大型連休における渋滞分析、工事規制や災害時の通行止めによる交通迂回状況といった分析を実施してまいりました。

 本発表では、オリンピック・パラリンピック東京2020大会の開催に伴う首都高速道路の交通規制を対象としています。本交通規制は、イベント関係者の安全で円滑な輸送と、物流を含めた都市活動の安定との両立を図ることを目的とし、イベント開催期間中、首都高速道路の各路線の出入口において、終日閉鎖や交通状況に応じた一時閉鎖が実施されました※1
 この度、交通状況に応じた一時閉鎖対象の出入口のうち、首都高速道路3号渋谷線 三軒茶屋入口と、首都高速道路4号新宿線 永福入口の2箇所に着目し、自動車の走行経路変化や所要時間について分析しました。

 なお、本分析にはナビタイムジャパンが提供するカーナビアプリ(『カーナビタイム』、『トラックカーナビ』他)から取得した走行実績データを活用し、規制開始前週の7月12日(月)(以下、平常時)、および規制開始日の7月19日(月)(以下、規制開始時)、オリンピック競技大会開幕日の7月23日(金・祝日)(以下、オリンピック開幕時)、パラリンピック競技大会開幕日の8月24日(火)(以下、パラリンピック開幕時)における7時~19時までの交通状況を比較しました。

※1 参考
 ▶東京2020オリンピック競技大会の公式サイト「大会期間中の交通対策」
 ▶JAFメディアワークス運営サイト「オリンピック中、首都高で大規模交通規制。入口閉鎖、通行制限などに注意」

pressrelease_図1.png

■分析内容
① 首都高速道路3号渋谷線・国道246号の交通状況
【走行経路の変化:三軒茶屋入口から首都高速道路を利用する車両が20~25%減少】
 首都高速道路3号渋谷線 三軒茶屋入口付近から渋谷方面に走行する車両の走行経路を可視化しました。平常時は44%が三軒茶屋入口から首都高速道路に乗り、56%が国道246号を走行しています。一方、規制開始時には首都高速道路に乗る車両が19%、パラリンピック開幕時には20%と、平常時と比べ約20~25%減少しています。

pressrelease_図2.png


【所要時間の変化:国道246号 三軒茶屋から池尻方面への平均所要時間が増加】
 首都高速道路3号渋谷線 用賀入口から池尻出口付近および並行する国道246号 三軒茶屋から池尻方面への所要時間を7時~19時(以下、日中12時間)、7時~10時(以下、朝時間帯)、16時~19時(以下、夕時間帯)の3つの時間帯で比較しました。

 まず首都高速道路 用賀入口から池尻出口付近までの平均所要時間を見ると、平常時の日中12時間は約8分ですが、朝時間帯は混雑が発生し約12分だったことがわかります。一方、規制開始時はいずれの時間帯も平均所要時間が約5~6分で、特に朝時間帯は平常時と比べ7分ほど短縮しています。また、オリンピック開幕時は日中12時間、朝時間帯ともに平常時と比較し平均所要時間が短縮していますが、夕時間帯はあまり変化がありません。パラリンピック開幕時は日中12時間、朝時間帯とも平常時と比較し所要時間が短縮傾向ですが、夕時間帯は11分と、4分ほど増加しています。

pressrelease_図3.png

 一方、国道246号 三軒茶屋から池尻までの所要時間を見ると、平常時は平均約5分で走行していますが、規制開始時は14分と約9分所要時間が増加しています。特に朝時間帯の平均所要時間約17分を見ると、平常時の約6分と比較し11分ほど増加しています。一方、オリンピック開幕時はいずれの時間帯とも平常時と比較し所要時間が大幅に短縮していますが、パラリンピック開幕時は平常時と比較するといずれの時間帯も所要時間が増加傾向であり、特に朝時間帯は約7分増加しています。

pressrelease_図4.png

② 首都高速道路4号新宿線・国道20号の交通状況
【走行経路の変化:永福入口から首都高速道路を利用する車両が10%前後減少】
 首都高速道路4号新宿線 永福入口付近から新宿方面に走行する車両の走行経路を可視化しました。平常時は18%が永福入口から首都高速道路に乗り、82%が国道20号を走行しています。一方、規制開始時には首都高速道路を走行する車両が7%、パラリンピック開幕時には10%と、平常時と比べ10%前後減少しています。

pressrelease_図5.png

【所要時間の変化:国道20号 高井戸から大原交差点方面への平均所要時間が増加】
 首都高速道路4号新宿線 高井戸入口から初台出口付近および並行する国道20号 高井戸から大原交差点方面への所要時間を7時~19時(以下、日中12時間)、7時~10時(以下、朝時間帯)、16時~19時(以下、夕時間帯)の3つの時間帯で比較しました。

 まず首都高速道路 高井戸入口から初台出口付近まで平均所要時間を見ると、平常時の日中12時間は約10分ですが、朝時間帯は混雑が発生し約14分だったことがわかります。一方、規制開始時はいずれの時間帯も平均所要時間が約6~7分で、特に朝時間帯は平均時と比べ7分ほど短縮しています。また、オリンピック開幕時はいずれの時間帯とも平常時と比較し所要時間が短縮しています。パラリンピック開幕時は日中12時間、朝時間帯とも平常時と比較し所要時間が短縮傾向ですが、夕時間帯は約11分と、2分ほど増加しています。 

pressrelease_図6.png

 一方、国道20号 高井戸から大原交差点までの所要時間を見ると、平常時は平均約7分で走行していますが、規制開始時は約12分と5分ほど所要時間が増加しています。特に朝時間帯の平均所要時間約21分を見ると、平常時の約11分と比較し10分ほど増加しています。一方、オリンピック開幕時は平常時と比較し所要時間が短縮もしくは同じですが、パラリンピック開幕時は平常時と比較するといずれの時間帯も所要時間が増加傾向であり、特に朝時間帯は約4分増加しています。

pressrelease_図7.png

■分析結果
 規制開始時、オリンピック開幕時、パラリンピック開幕時のそれぞれで、平常時より首都高速道路3号渋谷線 三軒茶屋入口付近から渋谷方面と、首都高速道路4号新宿線 永福入口付近から新宿方面へ走行する車両割合の減少と、各高速道路と並行する国道246号、国道20号の走行車両割合の増加が見られることから、普段、首都高速道路を利用するドライバーの一部が並行する国道に転換したことが推測されます。その結果、その入口付近の首都高速道路を走行する際の所要時間は多くの時間帯で減少傾向、また両国道の所要時間の増加傾向に繋がったと考えられます。

●自動車の走行実績データについて図8.png
 ナビタイムジャパンが提供するカーナビアプリ『カーナビタイム』、『NAVITIMEドライブサポーター』、『トラックカーナビ』等において、同意を得たユーザーを対象に、GPSにより1~6秒間隔で取得された自動車ごとの走行実績データです。ユーザーを匿名化した上で、取得したプローブデータを交通量・交通流分析/所要時間・速度分析/走行挙動分析などに利用することが可能です。

・主な特長
 -分析用途に応じて提供フォーマットの調整ができる  
 -走行実績を把握できる
 -様々な車種のデータを取得できる

●『道路プロファイラー』について図9.png
 道路プロファイラーとは、Web上で簡単に道路交通に関する各種分析ができるシステムです。分析対象の道路や期間を自由に選択することができ、今回のような開通速報分析を行うことも可能です。
 ▶紹介サイト

●交通コンサルティング事業について
 ナビタイムジャパンの交通コンサルティング事業では、道路交通や公共交通、国内観光や訪日外国人について、移動に関する各種ビッグデータを活用した分析を行っています。
 ▶紹介サイト
 ▶お問い合わせ先Email:consulting-group@navitime.co.jp

●交通コンサルティング事業の分析実績について
 ▶2019年6月4日 2019年ゴールデンウィーク期間中の東名・新東名の渋滞分析を発表
 ▶2019年8月14日 2019年首都圏大規模交通規制による影響分析
 ▶2021年2月8日 新東名の6車線化事業および最高速度規制の引き上げによる影響調査結果を発表
 ▶2021年4月28日 新東名 新御殿場入口~御殿場JCT等、ビッグデータを用いた開通効果分析速報を発表
 ▶2021年7月20日 7月の大雨被害に伴う高速道路通行止めによる交通影響分析を発表

「NAVITIME」は、株式会社ナビタイムジャパンの商標または登録商標です。
その他、記載されている会社名や商品名等は、各社の商標又は登録商標です。