プレスリリース/
お知らせ

年別一覧

『カーナビタイム』、サグ部での速度低下を抑制する案内を提供開始

2021年12月16日

株式会社ナビタイムジャパン


『カーナビタイム』
サグ部での速度低下を抑制する案内を提供開始

~高速道路上のサグ部での渋滞緩和を目的に、音声による注意喚起をします~


 株式会社ナビタイムジャパン(代表取締役社長:大西啓介、本社:東京都港区)は、2021年12月16日(木)より、カーナビアプリ『カーナビタイム』にて、高速道路上のサグ部にて、速度低下しないよう音声で注意喚起する機能を提供開始いたします。

 サグ部とは、道路上で下り坂から上り坂にさしかかる部分のことで、勾配がゆるやかで上り坂に気づきづらいため自然と速度が低下し、渋滞につながりやすい場所です。
 本機能では、高速道路上のサグ部の上り開始地点の300m手前で、「上り坂のため、スピードの低下にご注意ください」という音声発話にて、注意喚起を行います。なお、下り開始地点でも「下り坂のため、スピードの出し過ぎにご注意ください」と地形に合わせた注意喚起も行います。

サグ音声案内イラスト (2).png サグ部の抽出は、高精度地図データの標高値から算出した勾配と、ナビタイムジャパン独自のプローブデータによる速度変動や渋滞統計データなどを組み合わせて、渋滞が起こりやすい箇所の特定を行っています。

 これまでも、ナビタイムジャパンでは、渋滞予測機能、「ナビタイムマイレージ」や時刻別ルート比較機能等による交通の分散化提案、車線利用適正化、ドライブレコーダーアプリ/機能による車間距離適正化などの渋滞緩和のための機能を提供しています。高速道路上の渋滞原因の約8割は交通集中によるもので、その渋滞発生箇所の内訳では、上り坂およびサグ部は約6割というデータ※もあり、サグ部にてドライバーに音声案内で速度を保つよう促すことで、渋滞緩和に貢献できればと思っております。
※ 出典:東日本高速道路株式会社 「渋滞の発生原因」

 本機能は今後、トラック専用カーナビアプリ『トラックカーナビ』でも提供予定です。

sag_Illustrated (1).png渋滞の発生原因 (1).png

■関連プレスリリース
2011年9月28日 プローブ交通情報による『渋滞予測』サービスを提供開始

2015年8月6日 『カーナビタイム』『NAVITIMEドライブサポーター』にて、「ナビタイムマイレージ」を提供開始

2016年4月15日 『カーナビタイム』 「時刻別ルート比較」機能を提供開始

2021年7月16日 AIとAR搭載のドライブレコーダーアプリ『AiRCAM』のiOS版を提供開始
 

●通信圏外でも使える本格派カーナビアプリ『カーナビタイム』
オフラインでも使える本格派カーナビアプリです。リアルタイム渋滞情報や、独自のノウハウを活かした「超渋滞回避ルート」、ドライブレコーダー、プロドライバー向け機能など多数の先進機能を搭載しています。
 ▶iOS
 ▶Android OS

※「NAVITIME」「カーナビタイム」は、株式会社ナビタイムジャパンの商標または登録商標です。
※その他、記載されている会社名や商品名等は、各社の商標又は登録商標です。